お肌ケア

実は冬の肌は老けやすい!冬のアンチエイジング!

肌が老けやすいのは紫外線の多い夏だと思われる方が多いと思います。実は冬はもっと肌が老けやすいエイジングに大敵の季節なんです。そんな冬のアンチエイジングについてまとめてみました。

冬のエイジング問題!どうして老けやすいの?

なぜ冬は肌が老けやすい季節なのでしょうか。原因は3つあります。

・代謝が落ちる

・乾燥する

・夏のダメージが出てくる

冬は寒さで血行が悪くなり肌に栄養が行き届きにくくなります。そのため代謝が落ちて肌がたるみやすくなったり、くすんでしまったりするのです。

また湿度も下がるため乾燥しやすくなります。乾燥による小ジワが目立ちやすくなるため老け顔に見られてにまうのです。

そして冬は夏の紫外線ダメージが出てくる時期、シミやたるみなどの悩みが増えてきます。

冬のアンチエイジングは保湿と温めでターンオーバーを促進!

冬のアンチエイジングは寒さや乾燥で衰えてしまった肌のターンオーバーを促進させる事がポイントです。しっかり温めて保湿する冬のアンチエイジングについてご紹介します。

バスタイム

お風呂でしっかりと体を温めることで血行が良くなりターンオーバーを活発にしてくれます。なので湯船にしっかりつかって体を温めましょう。その時お風呂のお湯が暑すぎると皮脂を流してしまうため気を付けてください。

point

・お風呂のお湯は40℃前後

・入浴時間は20分前後

・お風呂から出たらすぐに保湿する

ピーリング

実はターンオーバーが衰えやすい冬は古い角質が溜まりやすいのです。古い角質はそのままにすると毛穴を詰まらせ、スキンケア用品の浸透を悪くし、肌をくすませます。なのでピーリングケアを取り入れてみてはいかがでしょうか。しかしピーリングは乾燥が目立つ時は控えてください。また乾燥が心配なら化粧水タイプの拭き取るピーリングなどもあります。肌の状態を見ながらやるかやらないか、使うピーリング剤を判断しましょう。

point

・ピーリングはやりすぎない(週1くらい)

・肌の乾燥状態を見ながらおこなう

洗顔

老けの大敵は乾燥です。なので洗顔は肌本来の潤いを守りながらおこないましよまう。冬の洗顔は洗浄力よりも保湿力で選んでください。高保湿成分配合の洗顔料を選ぶといいです。また洗う時に使う泡はキメの細かな泡をたっぷりと使い指で摩擦を与えないように洗う必要があります。洗い流す時も熱いお湯を使うと皮脂を流してしまうので気を付けてください。

point

・高保湿成分の洗顔料ヒアルロン酸、セラミド、スクワラン)

・ミネラルの多い洗顔料

・弱酸性タイプの洗顔料

・キメの細かいたっぷりの泡で洗う

・30〜32℃のぬるま湯を使う

ホットタオル

洗顔後にホットタオルで温めてあげる事で血行が良くなり、リンパの流れも改善されます。血色がよくなり肌のトーンが上がるだけでなく、むくみやたるみ、シワ、シミの改善のサポートにもなるのです。肌が温まったこの後に使う化粧水の浸透もよくなります。ホットタオルはタオルを水で濡らしてレンジで1分程温めれば完成です。

point

・熱すぎるタオルを使わない

・長時間おこなわない(30秒〜1分)

化粧水

化粧水は保湿効果はもちろんアンチエイジングに効果のある成分が配合されたものを選んでみてはいかがでしょうか。また化粧水を使う時はムラがないようコットンを使って内側から外側に向かって塗るようにしましょう。逆向きに塗るとシワができやすいので注意です。

point

・保湿やエイジング効果のあるものを選ぶ(ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、プラセンタエキス、コエンザイムQ10、フラーレン)

・化粧水を塗る時はコットンを使う

・内側から外側に向かって塗る

フェイスパック

1週間に1回くらいの目安でフェイスパックを使って保湿ケアをしてあげましょう。やりすぎてしまうと吹き出物ができる原因になってしまうからです。またパックは冬の時期ならシートやクリームタイプのものが保湿効果が高いのでおすすめです。化粧水のところでご紹介した成分が配合されているものを選ぶとさらにいいです。

point

・フェイスパックの頻度は週1回

・シートやクリームタイプがおすすめ

・保湿やエイジングに効果のある成分配合のものを選ぶ

美容液

冬は美白ケアのチャンスであり、またシワやたるみができやすい時期なので美容液を使ってケアして欲しい季節になります。美容液は美白ケアとシワ、たるみケアのできるものを使い分けてピンポイントで使ってあげることをおすすめします。頬や鼻はシミができやすいので美白ケアに優れたもの、目元や口元はシワやたるみに効果的なものを使ってあげるといいです。

また化粧水の前に使うブースターと言われる導入美容液もあるので取り入れるとさらにパワーアップします。

point

・頬や鼻まわりは美白ケア(アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、ビタミンC)

・目元や口元はシワ、たるみケア(ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、プラセンタエキス、コエンザイムQ10、フラーレン)

乳液・クリーム

最後に乳液やクリームは必ず使ってあげてください。使わないと今までおこなってきたケアが全て台無しになってしまいます。化粧水も美容液も蒸発しやすいので乳液やクリームで蓋をしてあげましょう。

point

・乳液やクリームは必ず使う

まとめ

冬は乾燥や代謝の衰え、夏のダメージによって肌が老けてしまいやすい時期になります。ご紹介にたケアの中から自分ができそうなもの合いそうなものを選んでアンチエイジングしてあげましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。