シミ・しわケア

30代のケアが10年後を変える!?30代におすすのシミ予防3つの方法!

30代は変化の時期になります。ある程度安定はしていますが、少しづつ不調が見え隠れし老化のサインがで始める頃です。この時期にケアをきちんとしているのとしていないのでは10年後の肌が違ってきます。今回はそんな30代の肌、特にシミにポイントをおいて予防法をご紹介します。

30代のシミができる原因は!?

シミができてしまう原因は主に4つです。

紫外線

30年間浴び続けた紫外線は少しづつ肌を老化させます。紫外線によってダメージを受けると肌のターンオーバーが乱れシミのもとであるメラニンが過剰に生成されたり、上手く排出できずに沈着してしまうんです。

炎症

間違ったスキンケアや紫外線、ストレスなどで肌が炎症を起こしてしまうとシミに繋がります。肌は炎症をおこすと回復させるため新しい細胞を作ろうとします。この時一緒にメラニンの生成も活発になってしまうんです。メラニンの生成が活発になることで、色素沈着してしまいシミができてしまうことがあります。

ホルモンバランス

30代は比較的ホルモンバランスも安定している時期です。しかし妊娠したり排卵から生理期間はどうしてもホルモンバランスが崩れます。この時に間違ったスキンケやストレス、無理をするとシミができやすくなるので注意しましょう。

ストレス

30代は仕事や育児に忙しい時期です。ストレスは肌のバリア機能を低下させたり、ホルモンバランスを乱れさせてしまいます。するとシミもできやすくなるため、少しでも息抜きをしてあげてください。

30代向けシミ予防3つの方法!

30代に入ったらなるべく早く予防することをおすすめします。そんな30代向けシミ予防の方法を4つご紹介します。

保湿ケア

30代のシミ予防は保湿ケアが一番大切になってきます。肌が乾燥しているとバリア機能が低下するため、外からの刺激に弱くなりシミができやすくなるからです。30代の保湿ケアは洗顔と洗顔後のスキンケが大切になります。

洗顔

洗顔から乾燥させないように気をつけましょう。洗顔料は保湿力のある肌に優しいものを使ってあげてください。また泡立ちの良いものを選ぶようにすると摩擦が防げるため乾燥を防げます。短時間で優しく洗ってあげるのが洗顔のポイントです。

化粧水・乳液

洗顔後はなるべく早く保湿しましょう。化粧水は高保湿成分配合のものがおすすめです。セラミド、ヒアルロン酸、スクワラン、グリセリンなどが成分表示の初めの方に記載されているものは保湿力に優れています。またベタつきが気になって乳液を使わない方がいますが、乳液は必ず使った方が良いです。乳液で水分が蒸発するのを防ぎましょう。

紫外線対策

30代のシミは紫外線の影響を大きくうけています。10代の頃の紫外線が30代になってシミとして出てきているのです。しかし諦める必要はありません。今からでも紫外線対策してあげましょう。日焼け止めは季節、天候問わず年中使ってください。また紫外線は窓ガラスを通り抜けてしまうので、室内でも日焼け止めを塗る事をおすすめします。外出時は帽子や日傘、サングラスで予防するとさらいに良いです。

美白化粧品

美白化粧品は40代以降でいいと思っている方も多いと思います。そんな事はないんです。30代こそ美白化粧品を使い始める時期です。アルブチン、ビタミンC誘導体、コウジ酸、エナジーシグナルAMP、アルブチン、トラネキサム酸など美白成分としておすすめです。

30代向けシミ予防!美白化粧品の選び方!

30代になったら美白化粧品を使い始めましょう。早すぎるなんて事はありません。むしろ今きちんとケアする事で40代50代の肌は変わってきます。そんな30代向け美白化粧品の選び方をご紹介します。

おすすめ美白成分

美白成分は種類によって目的、効果が変わってきます。代表的なおすすめ美白成分はこちらです。

ビタミンC誘導体・コウジ酸

メラニン色素を還元してくれる効果が期待できます。できてしまったシミを薄くするならこの成分がおすすめです。

ビタミンC誘導体・エナジーシグナルAMP

メラニンの排出を促してくれるのがこれらです。シミを薄くするのはもちろん、これからできてしまうシミを予防するのにも効果的です。

アルブチン・トラネキサム酸

メラニンの生成を抑えてくれます。まさにシミ予防に欠かせない成分です。

医薬部外品・薬用がおすすめ

美白化粧品を選ぶ時は、医薬部外品または薬用に分類されるものが効果的です。化粧品を見てみると、医薬品、医薬部外品、薬用、薬用化粧品、化粧品のどれかに分類されているはずです。これは有効成分の効果や安全性を保つために薬事法できちんと決められて表示されています。この中でも医薬部外品、薬用となっているものは効果が認められているためおすすめです。しかし効果が高い分、副作用も出る可能性があるので肌に合うか確認しながら使ってください。

まとめ

30代はある程度安定はしているものの少しづつ肌が変化し始める時期です。この時のシミ予防が今後を大きく変えます。保湿ケアや紫外線対策、美白化粧品でシミのない肌を目指しましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。