Mionとは

【Mion】これを使ったら乾燥知らずに!?実際に使ってビックリ!

秋になりこれからの季節、特に気になるのが乾燥です。乾燥肌に悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そこで、そんな乾燥肌におすすめなのがマイオンです。実際に使ってみた使用感や乾燥肌ケアについてご紹介します。

冬の乾燥そのままにするとどうなるの?

乾燥対策をせずそのままにしてしまうと、様々な肌トラブルが発生します。肌荒れや吹きでもの、シミやシワなど、みなさん一つは悩んでいるであろう肌トラブルがひきをこされるのです。

それはなぜかというと乾燥することで、肌のターンオーバーが乱れます。すると肌のバリア機能が低下してしまい、紫外線やほこり、ウイルス、冬の冷たい外気に耐えられなくなってしまうからなんです。

そんな乾燥を悪化させるのも改善させるのも洗顔です。冬は特に乾燥が悪化しやすいため、洗顔の見直しが必要になって来ます。春の新しいスタートを健やかな肌で迎えれるよう冬のうちからケアしましょう。

乾燥させない洗顔!5つのポイント!

洗顔は肌の乾燥状態を左右すると言っても過言ではありません。そんな洗顔の乾燥させないポイントを5つご紹介します。

摩擦をあたえない

洗う時、洗い流す時、拭く時、擦らないように気を付けましょう。洗う時は特にゴシゴシ擦らないよう、たっぷりの泡をクッションにして洗ってください。目元、口元、小鼻などは刺激を受けやすいので特に優しく、指の腹を使うと洗いやすいです。頬やおでこなどは手のひらでタッチするのようなイメージで洗うといいです。決して爪は立てないように、泡を肌の上で転がすイメージで洗ってあげましょう。

乾燥しやすい部分は最後に洗う

洗顔料は汚れを洗い流しキレイにしてくれますが、肌への負担は多少なりとあります。乾燥しやすい部分やすでに乾燥してしまっている部分は一番最後に洗い、洗顔料が肌に触れている時間を少しでも短くしてあげましょう。一般的には目元、口元、頬、おでこ、鼻周りの順に乾燥しやすくなります。鏡で自分の肌をチェックして乾燥している部分や不調がある箇所を把握しておくといいです。

熱いお湯を使わない

冬は寒いのでつい洗顔もお湯を使いたくなると思います。しかしそれは必要以上に皮脂を洗い流してしまうため、乾燥を悪化させてしまうのです。30〜32℃くらいのぬるま湯を使うようにしてください。もともも脂性肌の方でも35℃くらいまでのぬるま湯を使うようにした方がいいです。乾燥どころかシワになりやすいので注意してください。

短時間で洗い終わるように

特に冬場は汗や皮脂の出る量が夏に比べると減ります。そのため長時間の洗顔は皮脂や角質を必要以上に洗い流してしまうため、肌への負担が大きくなるのです。洗う時間は夏よりも手短に、1〜2分で終わらせてあげましょう。

洗浄力・洗浄成分に注意

洗浄力の強い洗顔料も必要以上に皮脂や角質を洗い流してしまうため、肌が水分を保てなくなってしまいます。冬場は特に洗浄力が優しい洗顔料を選びましょう。そんな洗顔料を選ぶ時は、石油系界面活性剤に注意です。石油系界面活性剤は肌の奥に入り込み脂分を溶かしてしまうため、乾燥が気になる時期は特に避けた方がいいです。

乾燥にはマイオン!使用感レビュー!

実際にマイオンを今、使い始めて1年がたちました。使ってみて感じた事をお伝えします。

30代 混合肌

私は30代で肌質は混合肌になります。20代後半から、頬や顎などが少しづつ乾燥しやすくなり、30代に入ってからは特に冬場、口元の乾燥が気になるようになったんです。そこで使い始めたのがマイオンになります。

マイオン使用感

マイオンを使って一番初めにいいなと思ったのは洗顔後に肌のつっぱりがなかったことです。洗顔後はさっぱりする感じでつっぱったりヒリヒリするということはありませんでした。むしろしっとりする感じがするほどです。

マスクをしても乾燥しにくい

最近はマスクをよくしているのでよりマイオンの効果を感じます。今までマスクをすると特に乾燥が気になっていたのですが、最近はマスクを長時間していても乾燥が気になりません。

保湿力があがった

マイオンを使い始めてから化粧水や乳液の浸透もよくなりました。浸透がよくなったことで化粧水を変えていないのに保湿力があがり乾燥しにくくなったように感じます。

まとめ

秋から冬にかけて肌はより乾燥しやくなり、様々な肌トラブルを引き起こします。そんな乾燥による肌の状態を左右するのが洗顔です。冬こそ一度その洗顔見直してみましょう。その洗顔にはマイオンがおすすめです。乾燥でお悩みならぜひ一度お試しください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。