お肌ケア

なぜ洗顔の泡は大事!?今話題の泡立てない洗顔って本当に大丈夫なの?

洗顔はたっぷりの泡で洗うことがとても大切です。しかし洗顔の泡を作るのは時間もかかり結構めんどくさいのが正直なところではないでしょうか。そんな悩みを解消しましょう。今回は洗顔の泡が大切な理由と泡だてない洗顔の注意点やおすすめ洗顔をご紹介します。

これを聞いたらやるしかない!もこもこの泡が大切な理由!

泡洗顔は気持ちいいだけでなく役割がきちんとあります。そんな洗顔の泡の役割は主に2つです。

肌に負担をかけない

洗顔の泡は指と肌の間に入り込んでクッションの役割をしてくれます。この泡がないと摩擦をあたえてしまうため、肌が乾燥してシワやたるみ、敏感肌など様々なトラブルわ引き起こしてしまうのです。摩擦をあたえないためには洗顔の泡が大切になってきます。

皮脂や汚れを落としてくれる

しっかりと泡だてたキメの細かな泡で洗顔することで毛穴の奥の汚れもしっかりと洗い流せます。毛穴の奥まで泡が入り込んでくれるため、ゴシゴシと洗わなくていいのです。洗顔料が泡立っていないと皮脂や古い角質が残ってしまうことがあります。するとニキビになったり肌がくすみやすくなるのです。汚れを優しくしっかり落とすためには泡が必要になります。

泡だてない洗顔って本当に大丈夫!?注意点は?

洗顔にたっぷりの泡が大切とわかっていても毎回泡を作るのって、本当に大変だと思います。最近はそんなニーズにお応えして泡だてないタイプの洗顔料もでてきました。本当にそれらの洗顔料は大丈夫なのでしょうか。結論から言うと泡だてないタイプとして作られた洗顔料なら、大丈夫です。泡立たなくていいなんてとっても便利です。しかし泡だてない洗顔には注意点もあります。

・ゴシゴシと擦って洗ってはいけない

・普通肌、健康肌向けのものが多い

・泡だてないタイプとして作られた洗顔料を使う

泡だてない洗顔料もジェルなどがクッションの役割をしてくれます。しかし泡よりもクッションとしては少し弱めです。洗う時は優しく洗ってください。

また泡だてないタイプの洗顔料は普通肌や健康肌の方向けのものが多いです。乾燥肌や敏感肌など、肌が弱い方には合わない事もあるため注意しましょう。

そして泡だてないで洗顔するなら、泡立てないタイプとして作られた洗顔料を使う必要があります。普通の洗顔料は泡立てる事を前提として作られているものです。そのため泡だてず使うと摩擦が起こりやすくなります。泡立たずに洗顔するなら、必ず泡立たないタイプとして作られた洗顔料を使いましょう。

泡だてない洗顔ならこれがおすすめ!

・仕事や子育てが忙しくて洗顔に時間がかけられない

・上手く泡だてられない

・そもそも毎回泡立てるのがめんどくさい

・市販の泡立てない洗顔料が肌に合わない

これらに一つでも当てはまる方、そんな方におすすめなのが「マイオン」です。マイオンはワンプッシュで濃密な泡が出てくるので毎回泡立てる必要がありません。忙しい女性の味方なんです。

泡も自分で泡立てるより濃密でキメの細かなふわふわの泡がでてきます。めんどうだった洗顔が簡単に短時間で、しかも気持ちよく洗えるんです。

肌が弱いけど大丈夫?と心配されている方もいるかもしれません。マイオンはマイナスイオンたっぷりの洗顔料で肌に触れた瞬間に弱酸性となります。そのため肌が弱い方でも使いやすいんです。

市販で販売されている泡だてない洗顔料も確かに簡単に使えてとても便利です。それ用に作られたものなら安心して使えます。しかし肌が弱い、乾燥しやすいなど肌トラブルをか抱えている方は使えない事もあります。そこでそんなお悩みをお持ちの方でも使いやすい、毎回泡だてないで使える洗顔料が「マイオン」なんです。ぜひ肌が弱いから心配、日々の洗顔が大変、泡だてがめんどう、時間がとれない、という方は試してみてください。

もちろん市販の泡だてない洗顔料も使いやすくて肌に合うという方もいます。自分に合うものを選んで、安心安全に楽しく洗顔しましょう。

まとめ

洗顔の泡には大切な役割がありますが泡を作るのは少し手間もかかります。そこでおすすめなのが泡だてない洗顔です。泡だてずに使えるように作られた洗顔料やマイオンのように泡が出てくる洗顔料です。自分に合うものを選んでより快適に洗顔をしましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。