お肌ケア

そのニキビもしかしたら敏感肌が原因かも!今日からできるニキビ対策!

思春期と違い、大人になるとニキビができる原因が様々あります。そんな原因の一つが敏感肌です。そのニキビは敏感肌によっておこるトラブルのサインかもしれません。敏感肌によるニキビの原因と対策をご紹介します。

ニキビと敏感肌は肌のターンオーバーが関係してる!

ニキビと敏感肌の関係はこのようになっています。

肌が乾燥する(敏感肌になる)

肌のターンオーバーが乱れる

毛穴がつまりやすくなる

ニキビができる 

敏感肌になると肌がヒリヒリしたりするのですが、それは乾燥によって肌のバリア機能が低下するからなんです。バリア機能が低下することで肌のターンオーバーは乱れます。すると毛穴の出口にある角質が暑くなってしまうのです。普通なら毛穴から汗と皮脂がきちんと排出されるため、毛穴が詰まることはありません。しかしターンオーバーが乱れていると皮脂が詰まってしまい、それをエサにアクネ菌が発生してニキビができてしまうというわけなのです。

ニキビというと思春期特有のものというイメージが強いと思います。そのため敏感肌とは関係がないように感じるのではないでしょうか。しかし大人になってからのニキビの原因の一つには敏感肌があります。最近ニキビができやすくなった、治りにくくなったと思ったら、敏感肌が原因かもしれません。原因が敏感肌なら対策も敏感肌向けにした方がいいです。原因の一つに敏感肌があることを覚えておきましょう。

敏感肌さんのニキビ対策は保湿がポイント!

敏感肌の方の場合、ニキビ対策として重要になってくるのが「保湿」です。先程もお伝えしたように、敏感肌にできるニキビの原因は乾燥だからです。そのためニキビ対策は保湿にポイントをおいて対策をしましょう。では具体的な対策方法を洗顔、保湿、生活習慣からみていきたいと思います。

洗顔

point マイルドな洗い上がりの洗顔料

敏感肌の人がニキビを治すには、マイルドな洗い上がりの洗顔料で洗顔する必要があります。洗顔後に肌が突っ張らない洗顔料を選んであげてください。保湿成分が入った洗顔料もおすすめです。また摩擦によって肌を乾燥させないため、泡立ちが良いものが使いやすいです。

ニキビを直すためにはしっかりと洗顔したくなると思います。確かにニキビを改善するには肌を清潔にするとことが大切です。しかし洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシと洗うのは敏感肌にとっては大ダメージになります。ニキビも悪化してしまうため、マイルドな洗い上がりのものを選びましょう。

保湿

point  低刺激の保湿剤

洗顔後の保湿はかなり重要です。敏感肌の場合保湿は低刺激のものを選んであげてください。香料や防腐剤などの成分は肌の負担になりやすいため極力さけ、油分の少ないタイプのものを選ぶことをおすすめします。またノンコメドジェニックテスト済みのものもおすすめです。ノンコメドジェニックテスト済みなら、その保湿剤自体がニキビになりにくいので安心して使えます。そして保湿は洗顔後5分以内にしてあげてください。洗顔直後から肌の水分は蒸発を始めるため早めに保湿しましょう。敏感肌の方は特にこの保湿をしっかりとしてあげる必要があります。

生活習慣

point  食事と睡眠

食生活や睡眠の質を整えてあげましょう。食事はビタミンやタンパク質を積極的にとることをおすすめします。ビタミンは肌の調子を整え、タンパク質は健やかな肌を作るのに必要だからです。睡眠も睡眠不足はもちろん、質の良い睡眠がとれるようにしましょう。22時から2時の間には熟睡できるように、寝る1時間前までにお風呂に入ってテレビやスマホを少しお休みさせてみてください。しっかり睡眠がとれるようになります。敏感肌は保湿にプラスアルファで体の内側からも改善していってあげることをおすすめします。

まとめ

敏感肌がニキビの原因になっていることがあります。それは乾燥によって肌のターンオーバーが乱れることでニキビができてしまうからです。敏感肌でニキビができてしまったら、ポイントは保湿です。保湿をしっかりしてニキビを改善していきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。