毛穴ケア

毛穴ケアは毎日の継続が基本。悩み別にケア方法をご紹介!

毛穴に対する悩みって、なかなか解消されません。黒ずみ、たるみ、開きなど一言で毛穴と言ってもいろんなトラブルがあります。毎日のケアが大事になるので、悩み別にケア方法を理解しておきましょう。

毛穴ケア方法を悩み別に理解しよう

毛穴ケアを行う際に気をつけたいことは、どんなタイプの毛穴なのかを把握することです。毛穴の悩みは、黒ずみ・たるみ・開きと種類があります。特徴が違い、黒ずみで悩んでいる人がたるみ毛穴のケア方法を実践しても、思うような効果を得られません。悩み別のケア方法を理解しておくと、便利ですよ!

黒ずみ毛穴

毛穴が黒ずむ原因は、肌のターンオーバーが様々な要因によって乱れることだといえます。肌のターンオーバーが乱れると、皮脂や角質がきちんと排出できずに毛穴に残ったままです。汚れが酸化して、毛穴を広げ、皮膚の内側からメラニンが排出されることで黒色に変化します。

方法は、美白と紫外線ケアが効果的です。いわゆる、シミのような状態になっているから黒ずんで見えています。美白効果のあるアイテムの場合、肌が酸化するのを防ぐ成分が配合されていて、肌の色が明るくなるんです。

紫外線は、メラニンを増やす原因となるので、必ず毎日UVケアをしてください。くもりだからOKかな…?と思っても、紫外線は存在します。日々のケアを怠らないことが大事ですよ。

たるみ毛穴

毛穴がたるむ原因は、肌全体の弾力やハリの低下です。肌がたるむとキメが荒くなって肌が下がるため、毛穴がより広く開いた状態になります。

方法は、保湿や肌の弾力をアップさせる美容液やクリームを使用することです。たるみは洗顔や紫外線ケアだけでは改善しにくいので、クリームやローションでのケアが必須だといえます。特にセラミドやコラーゲンが配合されていると、肌の内側からも保湿ケアしてくれておすすめです。

美容成分が配合されたナイトパックを使用するのも、非常に効果が期待できますよ。

開き毛穴

開き毛穴の場合、毛穴の中に皮脂や汚れが詰まって、毛穴が広がっている状態です。そのため、しっかりと毛穴の汚れを一掃する必要があります。方法は、主に洗顔とピーリングが効果的です。天然由来の成分が配合された洗顔フォームを使用したり、毛穴を引き締める効果が期待できるアイテムを選びましょう。

ピーリングも週に1回くらいのペースでケアしてあげると、古い角質や汚れがキレイになり、毛穴を清潔に保ちます。どんな毛穴ケアでも必須ですが、洗顔やピーリング後の保湿ケアは必須です。

毛穴ケアのNG方法!ついついやりがちなこと

毛穴ケアをしよう!と一生懸命になることは大事ですが、逆効果なケアをしている人もたくさんいます。しっかりと毛穴をきれいにするためには、正しいケアを行わなくてはいけません。そこで、やってしまいがちなNGケア方法をお伝えします。

指で角栓を押し出す

小鼻は特に毛穴トラブルが発生しやすい部分です。黒ずみや開きが発生した時に、ついつい指で強く押し出してしまう人もいます。確かに、角栓が出てきますがその分、手の雑菌が毛穴に入り込みやすくなるのです。そこから炎症が起きて、ニキビになったり毛穴がさらに広がる可能性があります。

洗顔を1日何回もする

毛穴ケアには、肌を清潔にしておくことは基本です。ですが、洗い過ぎもNGだということはあまり知られていません。洗顔を1日に何度も行うと、清潔感は保てますが逆に皮脂もどんどん失われていきます。肌のバリア機能として必要な皮脂まで失われるので、乾燥の原因となり、毛穴トラブルが悪化しやすいです。

誤った保湿ケアの認識

皮脂が多いから保湿はしない、とか、乾燥しているから量を多くしてもOKというような認識を持っている人は多くいます。保湿ケアというのは基本が決まっていて、容量を守らなくては期待する効果を得られません。量を多くしても、毛穴に汚れが詰まる原因ともなるので、NGです。

皮脂が多くてもきちんと保湿ケアすることで、肌のバランスを保てます。保湿ケアの順番もきちんと守らなくては、効果を得にくくなるので注意しましょう。

まとめ

毛穴ケアについてご紹介しました。きちんと毎日ケアをすることで、黒ずみや開き、たるみを解消させることはできます。逆にケア方法を間違えると、より毛穴が悪い状態になるるので適切な方法を理解してください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。