お肌ケア

敏感肌の洗顔は注意が必要!間違えたら大変な事に!?正しい洗顔とは?

たかが洗顔と思うかもしれませんが、敏感肌の方にとって洗顔は失敗できない大切なポイントです。注意したい点がたくさんあります。そんな敏感肌のための洗顔やクレンジングのポイントをご紹介します。

敏感肌の洗顔で気を付けることは?

敏感肌とは、肌のバリア機能が低下した状態です。バリア機能が低下していると、いつもの洗顔ですら刺激になります。敏感肌の時は3つのことに気をつけてあげましょう。

刺激の強い洗顔料はすぐ中止する

香料や防腐剤、石油系界面活性剤などが配合された洗顔料は肌への負担がとても大きいです。お使いのものに肌の負担となる成分が配合されていたら、使うのを中止してあげてください。

擦らない

摩擦は肌への負担が大きいです。洗顔をする時はゴシゴシと擦ってしまうと、肌がより乾燥しやすくなり敏感肌を悪化させていまうので注意しましょう。

テスターやサンプルを使わずに新しいものを使う

敏感肌の時に限らず新しいものを使う時は注意が必要です。どんなに良いものでも、自分の肌に合う合わないがあります。特に敏感肌の時はトラブルがおきやすいので気を付けましょう。低刺激のものでも新しいものを使う時はテスターやサンプルを使って、パッチテストをしてから使ってください。

敏感肌の洗顔・クレンジングの3つの選び方!

洗顔料やクレンジング選びも重要です。選び方をお伝えします。

強すぎない優しすぎない洗浄力

敏感肌には、適度な洗浄力で洗い上がりが優しいものがおすすめです。洗浄力は強すぎても優しすぎてもいけません。敏感肌の場合強すぎては必要以上に皮脂が洗い流されて乾燥してしまいます。逆に優しすぎては汚れや古い角質が残り肌トラブルを引き起こしてしまいます。潤いを保ちながら汚れをとることに優れている敏感肌向けの洗顔料を選んであげましょう。

肌に負担となる成分はさける

洗顔料の多くは見た目や泡立ちをよくするために香料や着色料、石油系界面活性剤が使われていることがあります。他にも商品を魅力的に見せるため様々な化学物質が配合されているのです。それは安全な範囲で配合されているため普段は気にならないかもしれません。しかし敏感肌の場合はそれが原因で炎症をおこしてしまう事もあります。なるべく肌に負担となる成分が配合されていないものを選んであげましょう。

保湿に優れている

敏感肌にとって乾燥はよりトラブルを悪化させてしまいます。敏感肌にとって保湿は最も重要なポイントと言ってもいいでしょう。洗顔料も保湿に優れたものを使うといいです。保湿なら洗顔料はアミノ酸系がおすすめになります。

泡立ち・泡切れがいい

肌に摩擦を与えないためには泡立ちの良い洗顔料が必要です。また洗い残しがあると肌トラブルにつながるため泡切れの良さも必要になってきます。敏感肌の場合、しっかりと濃密な泡が作れて洗顔後にベタつかない泡切れの良い洗顔料を選んであげてください。

敏感肌の正しい洗顔方法!3つのポイント!

自分に合う優しい洗顔料が手に入ったら、正しい使い方で敏感肌を守りましょう。使い方のポイントをまとめてみました。

適量を守る

使う量は多すぎても少なすぎてもいけません。多すぎるとすすぎ残してしまったり、少なすぎては汚れがとれず肌に摩擦もおきやすいです。基本クレンジングは大粒のさくらんぼ1個分、クリームタイプの洗顔料なら1〜2cmが適量と言われています。しかし適量は製品によって異なります。記載されている使用量を一度確認してみましょう。

しっかりと泡立てる

何度も言いますが摩擦は敏感肌の大敵です。摩擦によって肌が乾燥すると敏感肌が悪化するからです。そんな摩擦を回避するあめには、洗顔の泡をしっかり泡立てる必要があります。乾燥防止に必要なのもありますが、もちもちの濃密な泡での洗顔は本当に気持ちいいです。なのでぜひしっかりと泡だててから洗顔してあげてください。

すすぎはぬるま湯を使う

熱いお湯は肌を乾燥させてしまうため注意です。お風呂でつい、シャワーでそのまま流したくなるかもせれませんがそれは絶対にやめましょう。敏感肌の場合なら30〜32度を目安にするといいです。

まとめ

敏感肌の洗顔はズバリ「優しさ」がポイントです。肌の負担にならないよう、洗い上がりや配合されている成分、使い方など肌に優しいものを選びましょう。たかが洗顔と思われがちですが、洗顔がきちんとできれは悪化も回避でき、改善や予防にも繋がります。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。