Mion活用法

敏感肌の洗顔はマイオンにおまかせ!マイオンが安心な理由と使い方!

敏感肌の方は洗顔料選びも慎重になると思います。せっかく買ったのにヒリヒリして使えないという事があってはいけません。そこで敏感肌の方にぜひ使っていただきたいのがマイオンです。マイオンが敏感肌でも安心な理由とその使い方をご紹介します。

敏感肌の洗顔料を選ぶ5つのポイント!

敏感肌でも安心して使える洗顔料はどのように選べばよいのでしょうか。選ぶポイントが5つあります。

洗浄力の強さ

敏感肌の方は洗浄力が低めのものを選んだ方が安心です。洗浄力の強いものは肌が乾燥しやすいため、肌のバリア機能を低下させてしまうので注意しましょう。

弱酸性

一般的によくある洗顔料は弱アルカリ性のものが多いです。しかし肌は弱酸性で出来ています。 弱酸性と表示されているものの方が肌への負担が少なく、乾燥しにくいのでおすすめです。

商品テスト済み

商品テストがされている製品は、多くが敏感肌に配慮して作られているんです。そのためパッケージに○○テスト済みと表示されているものは選ぶポイントになります。

刺激になる成分が入っていない

香料やアルコール、パラベンに防腐剤、界面活性剤などが配合されていると肌への刺激が強くなります。他にも肌の負担となる成分は山のようにありるので、自分は何が苦手か把握して避けましょう。

洗顔後肌がつっぱらない

敏感肌の方は肌が乾燥しやすいという特徴があります。洗顔で肌が乾燥しないよう、洗顔後も肌がつっぱらない洗顔料を使ってあげてください。

敏感肌の3つの洗顔注意点!

敏感肌の洗顔は洗顔料選びはもちろん、洗い方も気を付けてあげてください。敏感肌の方は3つの事に注意しましょう。

洗いすぎないでも洗わないのもダメ

1日2回を目安に洗顔をしてください。洗いすぎると乾燥しやすくなります。逆に乾燥を怖がって洗わなすぎると、それはそれで汚れや古い角質が肌を覆ってしまうため、肌トラブルになりやすいので注意です。

摩擦をかけないように

摩擦は肌に負担がかかりトラブルを引き起こすきっかけとなります。摩擦をあたえないよう、多めの泡で洗ってあげましょう。

流し忘れがないように

洗顔料が顔に残っていると肌トラブルに直結します。敏感肌の方は特に注意です。髪の生え際や顎は洗い残しが多いので気をつけてげてください。

敏感肌ならマイオンを使うべき!おすすめする4つの理由

敏感肌の方の洗顔は洗顔料選びから洗顔するまで気を付けたい点が多数あります。こそでそんな悩みを解決してくれるのがマイオンんです。マイオンがおすすめな理由を4つお伝えします。

しっとりとした洗い上がり

マイオンはしっとりと洗い上げてくれるため、洗顔後のつっぱりがありません。マイオンは電解還元性イオン水でできています。そのため角質層へ浸透していく速さが普通の水に比べて早いので、潤いを保ちながら洗えるのです。またミネラルも豊富に含まれているため、肌の保水力を高めてくれる効果も期待できます。乾燥肌は敏感肌には大ダメージなので、保湿しながら洗顔できるマイオンは敏感肌の強い味方です。

肌に触れた瞬間弱酸性に

マイオンも弱酸性の洗顔料になります。マイオンは不思議な事に肌に触れた瞬間に弱酸性に変化するのです。肌と同じ弱酸性なので肌にあたえる刺激が少なく、優しく洗う事ができます。これなら肌が弱い敏感肌の方でも安心して使えます。

摩擦知らずのもこもこの泡が簡単に出てくる

マイオンはワンプッシュで濃密で柔らかい泡を出すことができます。その泡がクッションの役割をしてくれるため、肌に摩擦を与える事なく洗顔ができるのです。しかもこの泡、肌に優しいだけでなく汚れ落ちも抜群なんです。泡が毛穴の奥まで入り込んで、汚れに磁石のようにすいつきます。そのため洗顔時ゴシゴシと擦らなくてもいいのです。敏感肌の方は摩擦が大きな肌トラブルへのきっかけとなります。マイオンなら摩擦をあたえないくらい濃密でフワフワの泡なので、敏感肌の方も負担なく洗顔できます。

肌の負担になる成分が入っていない

マイオンは防腐剤、香料、着色料、鉱物油、石油系界面活性剤の5つの肌の負担となる成分を配合していません。敏感肌の場合、これらの成分による刺激は、肌へのダメージがとても大きいです。マイオンなら純水を原料としており、5つの肌の負担となる成分が配合されていないので敏感肌でも安心なんです。

まとめ

敏感肌の場合、洗顔するときは肌に刺激をあたえないよう、配合されている成分や洗い方に細かな注意が必要です。とても大変ですが、それもマイオンなら安心安全に洗顔することができます。敏感肌の方は、マイオンを一度試して見る価値ありです。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。