お肌ケア

アフターマスクの梅雨に要注意!3つのあるある肌トラブル!

実は肌トラブルが起こりやすい梅雨シーズン、今年はアフターマスクでいつもより肌のトラブルに悩まされている人が増えています。そこで今回は、梅雨にあるあるな肌トラブルをご紹介!冬や真夏と違って今は大丈夫と気が緩んでいると夏に向けて大変なことに・・・。まずは梅雨のお肌の状態とありがちなトラブルについて知りましょう。

梅雨のあるある肌トラブルとは?

梅雨シーズンは、冬のように乾燥もしないし、真夏のように日焼けを気にしなくても大丈夫!と思っていませんか?実は梅雨は意外にも、肌トラブルが起こりやすいんです。特にアフターマスクで肌が弱っている今年はそんなトラブルが多発しそうな予感・・・そのよくある肌トラブルとはこちら、

梅雨のあるある肌トラブル

・日焼け

・ニキビ

・乾燥

詳しくみていきましょう。

あるあるトラブル①日焼け

アイコン名を入力

まず、梅雨のあるあるトラブルその①は「日焼け」です。

え!?まだ夏じゃないのに日焼けですか

アイコン名を入力

そうです。日焼けは夏に要注意のイメージですが、実は5月頃から紫外線の量はどんどん増えているんですよ。

5月からってことは6月の梅雨シーズンってけっこう紫外線多いんですか?でも雨で曇っていたらそんなに気にしなくて大丈夫ですよね?

アイコン名を入力

6月はすでに紫外線量がかなり多くなっています。しかも、雨の日も曇りの日も紫外線は降り注いでいるので気を抜けません。確かに曇りの日は日焼けを引き起こす紫外線のUVBは少ないです。しかし、シワやたるみなど老化を進行させる紫外線UVAはしっかり降り注いでいるんですよ。

そうだったんですか!梅雨ならまだ大丈夫だと安心していました。

アイコン名を入力

正直、一度日焼けをすると回復するのに時間がかかります。せっかくおこなっていた美白ケアももったいないことになってしまうので、梅雨の時期は特に油断することなく日焼け対策をしましょう。

うっかりが後々、影響するんですね・・・梅雨も紫外線対策をしっかりおこなっていきたいと思います。

梅雨の紫外線対策

・日焼け止めを使う

(SPFやPAはそれほど高くなくていいので、こまめに塗りましょう)

・晴雨兼用の傘を使用する

(UVカット加工のされているものを選ぶといいですよ)

・屋内でも紫外線対策は忘れないでくださいね

あるあるトラブル②ニキビ

アイコン名を入力

梅雨のあるあるトラブルその②はニキビです。

確かに!ニキビが気になることが増えてきています。特に今までマスクをしていたせいか今年は特に口元もニキビが増えた気が・・・

アイコン名を入力

気温が上昇し始める梅雨の時期は、皮脂の分泌量が最も増加する時期でもあります。しかも湿気が多いため雑菌も繁殖しやすく、皮脂に雑菌とニキビができる条件が揃ってしまうのです。特にアフターマスクで肌も弱ってますし・・・

本当に梅雨のニキビは気になりますね・・・肌がベタベタ気になるのと、ニキビをなんとかしたくて、1日に何回も洗顔することもあって、このベタつきはやっぱしっかり洗顔する方がいいですか?

アイコン名を入力

洗顔のしすぎには要注意です。皮脂は全てが「悪」というわけではありません。肌の表面を覆い、外部からの刺激や蓄えられた水分の蒸発を防ぐ役割もあります。洗いすぎて肌が乾燥すると、よりニキビを誘発してしまいます。

洗いすぎもよくないんですね。

アイコン名を入力

梅雨の洗顔は適度に、優しくおこないましょう。

梅雨のベタつき・ニキビを予防する洗顔

・洗顔の回数は1日2回くらいまで

・刺激の少ないたっぷりの泡を使って洗う

・ゴシゴシ擦らないよう優しく洗う

おすすめは「マイオン 洗顔」です。梅雨のお肌も優しく洗いあげてくれますよ。特にアフターマスクで弱った肌に重宝します。

あるあるトラブル③乾燥

アイコン名を入力

そして実は多くの人が気づかないうちにトラブルになってしまうのが「乾燥」です。

乾燥ですか!?梅雨に乾燥するイメージが全くなかったです。むしろ肌がベタつくので、乾燥対策どころか、保湿を嫌えんしていました。

アイコン名を入力

確かに湿度が高いため乾燥しないと思われがちです。しかし、梅雨は乾燥しやすい状況なんですよ。

梅雨に乾燥しやすい理由

・エアコンの使用

冷房を使ったり除湿をすることが増えるため、実は乾燥しやすい環境になっています。

・インナードライ

汗が出やすくなることで肌表面の水分が一緒に蒸発してしまい、それを補うために皮脂が過剰に分泌され、インナードライになっている方も多いです。

そうだったんですね!梅雨は少しくらいなら保湿をはぶいちゃってもいいと思っていました。でもベタつきが気になるので、保湿しにくいです・・・

梅雨の保湿は確かにやりにくいですよね。梅雨の保湿ケアのポイントをご紹介するので参考にしてみてくださいね。

梅雨の保湿ケア

・軽いテクスチャーの保湿剤を使う

(ジェルタイプの保湿剤など、さっぱり使えておすすめです)

・ブースターを利用してみる

(ブースターで浸透を良くすることで、軽めの保湿でも効果をアップさせます)

・エアコンを使用した室内では保湿スプレーを使う

(109スキンウォーターなど、スプレータイプで保湿力も高いのにさっぱりしていておすすめです。ブースターの役割もしてくれますよ)

・保湿剤を冷やして使う

(保湿パックなど冷やして使うと蒸し暑い日は特に気持ちよく、むしろ保湿ケアが待ち遠しくなるかもしれませんよ)

まとめ

梅雨にあるあるな肌トラブルをご紹介しました。梅雨は肌トラブルが少ないと思われ、ケアをサボってしまいがちです。しかし、梅雨は思っている以上に日焼けやニキビ、そして実は乾燥トラブルを引き起こします。梅雨も肌トラブルが多発しやすいことを理解し、ケアをおこなっていきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。