ニキビケア

吹き出物を治す6つの方法!スキンケアや食事でその吹き出物をなかったことに!

できてしまった吹き出物は放っておいてもなかなか治りません。むしろ間違ったスキンケアをすると悪化させてしまうこともあるのです。ですが諦める必要はありません。そんな頑固な吹き出物を治す方法をご紹介したいと思います。

吹き出物の治し方6つ!

吹き出物ができてしまった時、私たちができる治す方法を6つご紹介します。

洗顔を見直す

・洗顔は1日2回を目安に

・刺激せず優しく洗う

・洗顔フォームは低刺激またはアクネケア用

早く治したくてつい洗いすぎてしまう事がありますが、それは皮脂をより過剰に分泌させてしまうため逆効果です。洗顔は朝と夜の1日2回を目安にしてください。そして洗う時は肌に摩擦を与えないようたっぷりの泡で優しく洗いましょう。使う洗顔フォームは低刺激のものやアクネケアとなっているものを選んであげるとより効果的でおすすめです。この洗顔はすごく重要になります。間違った洗顔方法をしてしまうと、治るどころかより悪化してしまうからです。正しい洗顔でニキビを治しましょう。

このような洗顔の注意点にこたえられるのがマイオン洗顔です。ぜひおすすめさせてください。マイオンなら濃密な泡がワンプッシュで出てくるため、肌を優しく洗い上げられます。またイオンで洗う洗顔なので、刺激も少なくおすすめです。

保湿ケア

・刺激や油分が少ない保湿剤を選ぶ

・ノンコメドジェニックテスト済みの保湿剤

実は吹き出物の原因の一つが乾燥なんです。そのため保湿ケアは吹き出物を治すためにとても重要になってきます。吹き出物ができている時は肌が敏感になっているため、低刺激のものや油分が少ないものを選んであげてください。またノンコメドジェニックテスト済みのものは、ニキビのもとになりにくいとテストされたものです。そのため安心して使えます。

紫外線対策

・紫外線吸収剤フリーの日焼け止め

・ノンケミカルの日焼け止め

日焼けは吹き出物ができる原因の一つである乾燥を引き起こします。また吹き出物のもとである皮脂が酸化しやすくなるため、悪化しやすくもなります。なので吹き出物ができている時は必ず紫外線対策をしてあげてください。しかし吹き出物に日焼け止めを塗るのは抵抗があると思います。そんな時は、紫外線吸収剤フリーやノンケミカルのものがおすすめです。これなら肌への負担も少なく紫外線対策か可能です。

食生活の見直し

・脂っぽい食事、糖分を控える

・ビタミンB群を積極的に摂取

・食物繊維をとって便秘を予防

脂肪分が多い食事や糖分は吹き出物のもとになる皮脂を過剰に分泌させてしまいます。揚げ物や脂身の多いお肉、インスタント食品やスナック菓子、甘いお菓子は控えましょう。またビタミンB群は健やかな肌を保つためにとても重要な栄養素です。ビタミンB2やビタミンB6は肌の新陳代謝を促し、皮脂の量を調整してくれるのでぜひとってください。ビタミンB2はレバーやうなぎ、納豆、卵、ビタミンB6はカツオにマグロ、豚ヒレなどに多く含まれています。そして便秘になると吹き出物は悪化したり、新しくできてしまったりします。食物繊維をしっかりとって便秘にならないようにしましょう。

睡眠をしっかりとる

・22時から2時はゴールデンタイム

吹き出物の原因の一つが睡眠不足です。肌は寝ている間にダメージを修復させます。そのため睡眠はしっかりとらなくてはならないのです。特に22時から2時の間は成長ホルモンの分泌が多いため、この時間帯に睡眠をとると吹き出物も治りやすくなります。また入浴は寝る1時間前までに済ませ、寝る前のテレビやスマホは控えると睡眠の質があがります。

ストレスや疲労を回復

・自分に合うストレス解消法を

適度な運動やアロマ、趣味など自分に合うストレス解除方を見つけてあげてください。自分がストレス発散になると思える物ならなんでもいいです。しかし暴飲暴食だけは吹き出物を悪化させてしまうため注意しましょう。

吹き出物が悪化してしまったら!?対処法!

上手く対処できず悪化させてしまうこともあります。そんな時の対処法をお伝えします。

セルフケアでは対処しきれず悪化させてしまったら、まずはセルフケアを一旦やめましょう。もしかしたらあなたの肌や吹き出物にそのケアが合っていないのかもしれません。そして、専門医に相談することをおすすめします。美容皮膚科でなくても大丈夫です。かかりつけの皮膚科を受診してください。吹き出物は炎症なので薬を使うことも大切です。

まとめ

吹き出物ができてしまったら、一度スキンケアや食事、睡眠を見直してみましょう。改善することで吹き出物を治す事ができます。それでも治らない、悪化してしまった、そんな時は専門医に相談してください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。