109スキンウォーター

秋までにできる髪のうねり・くせ毛対策!40代からの潤い頭皮ケア

年齢を重ねて髪に自信が持てなくなった・・・夏が終わり髪のうねりが気になる・・・このようなお悩みをお持ちの方に向けて、40代からの秋に向けて今からできる、髪のうねり・くせ毛対策を紹介します。こちらを読めば以下のことがわかりますよ。

  • 年齢を重ねると髪がうねりやすくなる原因
  • 40代以上向けの髪のうねり・くせ毛対策
  • 髪のうねり・くせ毛対策におすすめのアイテム

実は髪のうねりは年齢はもちろん、夏から秋に向けてのケアで左右されることがあります。原因と対策を理解してケアすれば、マイナス10歳の美髪も夢じゃありませんよ。

40代から髪がうねる原因は?

年齢を重ねると髪がうねりやすくなる原因は、主に3つあります。

  • 水分保持力の低下
  • 毛穴のたるみ
  • 頭皮環境の悪化

水分保持力の低下

年齢を重ねると髪や頭皮は、水分を保持する力が低下します。40代をすぎるとホルモンバランスが変化してコラーゲンが減少したり、夏の紫外線ダメージで乾燥しやすい状態から回復ができないからです。そして頭皮や髪が乾燥すると、空気中の湿気を吸い、髪が膨らみうねりが目立つようになります。

毛穴のたるみ

毛穴のたるみや歪みも、うねりやくせの原因です。年齢を重ねるとどうしても、顔や頭皮がたるみます。たるんだ毛穴で成長した髪は、うねった状態で伸びてしまうのです。耳や襟足などは特に、この頭皮のたるみによるうねりが目立ちやすいですよ。

頭皮環境の悪化

長年積み重なった頭皮環境によっても、髪のうねりやクセは左右されます。血行不良や睡眠不足、食生活などの生活習慣の影響は頭皮環境を悪化させ、うねりを目立たせるのです。特に夏の紫外線ダメージが頭皮に蓄積されている秋口は、うねりやすい頭皮環境になっているため注意しましょう。

40代からのうねり・くせ毛対策

40代以上向け、髪のうねりやくせ毛をカバーする方法を紹介します。以下のことを試してみましょう。

  • 頭皮を保湿する
  • 頭皮マッサージをする
  • 根元からしっかり髪を乾かす
  • 美容院で定期的にトリートメントをする

頭皮を保湿する

うねりの原因の一つは、頭皮や髪の水分不足です。その原因を改善し、うねりを予防しましょう。今使っているヘアケアアイテムを見直したり、新たに保湿を強化できるアイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • 洗浄力の強すぎるシャンプーを使わない
  • 保湿力のあるシャンプー、トリートメントを使う
  • 頭皮用の保湿剤を使う

頭皮マッサージをする

うねりの原因である、頭皮のたるみや血行不良を予防するため頭皮マッサージもおすすめです。シャンプーの時や一日の終わりに頭皮を揉みほぐしましょう。

おすすめはオイルマッサージ

頭皮マッサージをする時に、天然由来のオイルを使用するといいですよ。オイルを使用することで、以下のようなメリットがあるからです。

  • 摩擦がおこりにくい
  • 不足気味の油分をプラスできる

※注意点

  • オイルを使いすぎない
  • 化学物質が入っていないものを選ぶ

オイルを使いすぎるとベタつき、頭皮環境が悪くなるため、使用量には注意しましょう。また香料や防腐剤など必要以上の化学物質が使われているオイルは、頭皮への負担となるためできるだけナチュラルなものを使うことをおすすめします。

根元からしっかり髪を乾かす

髪のうねりやくせをカバーするためには、ドライヤーでしっかりと乾かすことも重要です。乾かさずに寝てしまうと、摩擦によって髪に大きなダメージが加わってしまいます。髪を乾かす時は根元からしっかり乾かしてください。

①ドライヤー前にタオルドライをする

②前髪から乾かす

③根元を乾かす

④残りの髪を乾かす

この順番で、根元が生乾きにならないよう注意しながら乾かしましょう。

ドライヤーのポイント

ドライヤーの風を当てる時は、根元から毛先に向かって当てるとキューティクルが乱れず、うねりにくくなります。逆に風を当てると逆立ってしまいやすくなるため注意です。

美容院で定期的にトリートメントをする

美容院でプロによるケアを定期的に受けるのもおすすめです。メリットはたくさんありますよ。

  • 髪の状態をプロの目で確認してもらえる
  • 美容院だからこそできる質の良いケアが受けれる
  • プロからの的確なアドバイスがもらえる

自分では判断しづらい髪の状態をしっかりと見てもらえ、必要なケアが受けれるためおすすめです。的確なケアとアドバイスで、年齢や夏に負けない頭皮・髪が手に入りますよ。

40代からの頭皮ケアに109スキンウォーター

髪のうねりやくせは、セルフケアも重要です。しかし、頭皮のケアに何をどのように使ったら良いか迷うことも多いのではないでしょうか。そこでおすすめなのが109スキンウォーターです。毎日のヘアケアに109スキンウォーターを取り入れることで、頭皮の乾燥を予防できますよ。では、109スキンウォーターのおすすめ理由や使い方をみていきましょう。

109スキンウォーターがおすすめな理由

浸透力が高い

低刺激で頭皮に優しい

スプレータイプで使いやすい

109スキンウォーターは水の100倍の浸透力があるため、肌への吸収力が高く乾燥から頭皮を守ってくれます。肌に刺激となるような余計な成分を一切使っていないため、年齢を重ねた頭皮や夏終わりの弱った頭皮に使いやすいのも、おすすめのポイントです。またスプレータイプのため、手が汚れにくく頭皮に吹きかけやすいので、ケアの負担がありません。

109スキンウォーターの使い方

お風呂前に頭皮全体に吹きかけてからシャンプーをする

ドライヤー前に頭皮に吹きかける

頭皮用の化粧水や美容液前に吹きかける

日中の気になる時に吹きかける

109スキンウォーターは、このタイミングで使わなくてはダメという決まりはありません。乾燥が気になる時にシュシュッと簡単に使えるのがメリットです。決まりはありませんが、特におすすめなのはシャンプー前と頭皮の保湿ケア前です。高い浸透力で、頭皮へさらに潤いを与えてくれますよ。

まとめ

40代からの秋に向けて今からできる、髪のうねり・くせ毛対策を紹介しました。

  • 年齢や夏のダメージによる、頭皮の水分不足や頭皮のたるみ、頭皮環境の悪化によって髪はうねりやすくなる
  • 頭皮の保湿やマッサージ、ドライヤーの使い方の見直しは、うねりやくせ毛の予防になる
  • 髪のうねりやくせ毛予防には、109スキンウォーターがおすすめ

年齢を重ねた頭皮、そして夏のダメージで弱った頭皮は、うねりやくせが目立つようになります。しっかりケアして、いつまでもサラサラの美しい髪を保っていきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。