インナーケア

夏に負けない身体づくり!顔肌ケアは梅雨の過ごし方が大事!

夏は肌トラブルが増える・・・とお悩みの方、梅雨の時期から夏に負けない身体作りを始めましょう。そこで今回は、夏に負けない身体づくりをする、梅雨のスキンケアや過ごし方を紹介します。今年は梅雨の過ごし方を少し工夫して、夏に向けて体の中と外から健やかな身体・肌をつくりましょう。

夏に負けない身体づくりはなぜ梅雨が大事なの?

梅雨の時期は急激に湿度や気温が高くなることで、肌に様々なトラブルが目立つようになります。その状態のまま夏を迎えると、肌は過酷な夏に負けてしまうのです。肌を取り巻く環境が大きく変わる梅雨の時期に、夏に向けて肌の立て直しが必要になります。

梅雨の肌

・皮脂や汗の分泌が増える

・肌が酸化しやすくなる

・雑菌が繁殖しやすくなる

・インナードライになりやすい

実は梅雨の時期は、一年で一番皮脂や汗の分泌が多い時期なのです。しかも湿度が高くなるため、その皮脂は酸化しやすくなります。しかもそんな湿度は、雑菌も増加させやすくするため、肌トラブルが増えるのです。また、高い湿度でベタつくのをなんとかしようとエアコンの使用が増えます。すると肌の水分保持力が弱まり肌内部の水分が減るため、インナードライにもなりやすいのです。

梅雨のスキンケアで夏に負けない肌づくり

夏に負けないよう梅雨の時期のスキンケアを見直し、肌の状態を立て直しましょう。

梅雨のスキンケアのポイント

・肌を常に清潔にする

・Tゾーンはいつもよりしっかり

・保湿ケアはしっかり

肌を常に清潔にする

帰宅後はなるべく早く、クレンジングや洗顔をするようにしましょう。皮脂分泌が多くなることで、いつもより汚れがたまりやすくなっているからです。皮脂はそのままにしておくと化粧品と混ざり酸化を起こしたり、空気中の汚れを吸着してしまいます。日中で顔を洗えない時は、肌がベタつかないよう、ティッシュオフするといいですよ。

Tゾーンはいつもよりしっかり

Tゾーンは顔の中でも皮脂の分泌が最も多い部分のため、特に汚れがたまりやすい部分です。皮脂の多い梅雨は普段より、Tゾーンのケアを意識しておこないましょう。しかし、洗浄力の強すぎる洗顔料やクレンジングを使ったり、ゴシゴシ擦るのはいけません。肌を傷つけ肌のバリア機能を低下させてしまうため、インナードライを招くこともあるからです。自分の肌に合う洗顔料で、意識して丁寧に洗ってください。

保湿ケアはしっかり

梅雨は湿気で肌がベタつくことが多いため、乾燥に気づかないことがあります。ヒアルロン酸やセラミド配合など、保湿力の高いアイテムを使って保湿してください。梅雨で肌のベタつきが気になって保湿ケアに抵抗を感じる時は、オイルインのアイテムを使うといいです。少量でしっかり保湿できるため、使いやすいですよ。

夏に負けない身体をつくる梅雨の生活

夏に負けないためには、身体の中からのケアも大事です。夏に負けない肌ケアのために、梅雨の時期の生活も少し見直してみましょう。

梅雨の生活のポイント

・体を冷やさない

・水分の代謝をよくする

体を冷やさない

梅雨の時期も体を冷さないように注意が必要です。薄着になりすぎないようにしたり、お風呂も湯船に浸かる習慣をもちましょう。梅雨は冷房の使用も増え薄着になる時期のため、体が冷え体温の調節機能が上手く働かなくなることがあります。体が冷えると自律神経が乱れ、血行が悪くなりやすいです。血行不良は肌に栄養がしっかり行き届かなくなます。するとターンオーバーが乱れ、トラブルがおこることもあるので、梅雨の時期こそ体を温めるようにしてください。

水分の代謝をよくする

梅雨の時期は体内の水分の代謝が悪くなりがちです。水分代謝が滞ると、血液がドロドロになり血行不良や代謝の低下を招きます。肌のバリア機能が低下しターンオーバーが衰えるため、水分代謝が悪くならないよう気を付けましょう。

水分の代謝を促す方法

・マッサージやストレッチ

・胃腸の調子を整える

・水分をとる

・水分代謝を良くする食べ物を食べる

 (きゅうり・ほうれん草・長芋 など)

まとめ

夏に負けない身体づくりをする、梅雨のスキンケアや過ごし方を紹介しました。

・梅雨の時期は肌を取り巻く環境が大きく変わり弱ってしまうため、夏に向けて立て直しが必要。

・梅雨のスキンケアは、清潔にする、Tゾーンのケアを意識する、保湿をしっかりおこなうことがポイント

・梅雨の時期は特に体を冷やさないようにし、水分の代謝を良くすることで夏に負けない身体をつくる

夏は肌がダメージを受けやすい時期です。夏の過酷な環境に負けないよう、梅雨の時期から夏に向けて、スキンケアやインナーケアで肌の立て直しをしましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。