インナーケア

食べ物と老化には大きな関係が!食べすぎが老化を早めるって本当!?

高カロリーのものをお腹いっぱい食べると、ダイエットが気になるだけではなく、実は老化も早めてしまうのです。老けたくない!でも食べ物を我慢するのは辛い!そんな方に、美味しく食べて老けさせないコツを紹介します。食べ過ぎと老化について詳しく、今回は食べ物を通して、老化についてみていきたいと思います。

食べ物と老化は大きな関係がある

食べ物の中には老化を早めてしまうものがあります。例えば、

・肉加工食品

・ファーストフード

・砂糖を使った甘いお菓子

これらは食べ過ぎると、糖化がすすみAGEという老化促進物質を多量に生成してしまいます。AGEは肌をはじめ、髪や骨、内臓を攻撃するため、体中の機能が低下し老化を早めてしまうのです。

食べ過ぎで老けるって本当?

毎回お腹いっぱい食べてしまう、小腹が空いてついだらだら食べてしまう、これが続くと実は老化しやすくなってしまうのです。食べ過ぎと老化についてみていきましょう。

食べ過ぎとは?

私たち現代人の食べ過ぎとは、「糖質の取りすぎによるカロリーオーバー」のことです。糖質は体を動かすために必要な栄養素ですが、生活が豊かになった現代人は過剰に食べ過ぎている人が多いんです。

糖質の多い食べ物

・穀類(パン・麺・ごはん)

・芋類

・砂糖や甘味料を使ったお菓子  など

野菜などの食物繊維やタンパク質に比べて、このように炭水化物や甘いものを食べることは多くありませんか?つい食べすぎてしまった時のメニューを見ると、炭水化物や甘いものが多いのではないでしょうか。老ける食べ過ぎとは、必要以上にこのような糖質を取りすぎているということなのです。

食べ過ぎでなぜ老けるの?

糖質は体を動かすエネルギーとして使われますが、摂りすぎると余った糖質は体の中のタンパク質と結合してしまうんです。この現象を「糖化」といいます。実はこの糖化は老化の元凶!糖化すると上の「食べ物と老化は大きな関係がある」で少しお伝えした、AGEという老化促進物質を多量に生成し、老化を早めてしまうのです。

食べ過ぎによる老化現象

食べ過ぎ(糖質の摂りすぎ)ると体全体が老化しやすくなりますが、中でも特に気になるのは肌の老化ではないでしょうか。

・肌がかたくなる

・弾力がなくなりたるむ

・シワができやすくなる

食べ過ぎによってこのような老化現象がすすみます。なぜこのようなことがおこるのかというと、糖化によって肌の弾力を保つために必要なコラーゲンがダメージを受けるからです。コラーゲンは肌の構成要素の中でもターンオーバーが遅いため、老化促進物質であるAGEが蓄積されやすいからです。AGEの蓄積によりコラーゲンはしなやかさが失われるため、肌が硬くなったり弾力が失われてしまいます。

食べたい!でも老けたくない!腹八分目のコツ

では老化を早めないために、食べ過ぎをどのように予防していけばいいか、老けさせない食べ方のコツを紹介します。

・栄養をしっかりとる

・脂質を抜きすぎない

・食べる順番に気を付ける

・ゆっくり食べる

・だらだら食べ続けない

栄養をしっかりとる

食べるものの内容を少し見直してみましょう。タンパク質や脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルなどの栄養素のバランスを取りながら食べることで、体は栄養で満たされ食べ過ぎを予防できます。偏った食事は栄養不足から、食べているはずなのに空腹を誘ってしまうからです。特に糖質が多い炭水化物や甘いもの中心の偏った食事は、血糖値の上昇が早いため食べてもすぐに空腹になり、食べすぎてしまいやすいので注意しましょう。

脂質を抜きすぎない

脂質は懸念されやすいですが、適度な量はとる必要があります。あまりに脂質を抜きすぎると、満腹感を感じにくく食べ過ぎてしまうからです。脂質も上質なものを選べば、体内ホルモンを作るのに必要な栄養素なので、美容の強い味方になります。アボカドやオリーブオイル、ナッツなど脂質も選びながら食べ過ぎを予防しましょう。

食べる順番に気を付ける

①食物繊維の豊富な野菜

②お肉や魚、卵などのタンパク質

③炭水化物などの糖質

④甘いデザート

この順番で食べるのがおすすめです。この順番で食べることで急激な血糖値の上昇を抑えることができます。血糖値が緩やかに上昇することで、満腹感をしっかり感じられるので食べ過ぎを予防できるのです。

ゆっくり食べる

ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。あまり噛まずに早食いをしてしまうと、満腹中枢がなかなか刺激されず、気づいたら食べ過ぎていた・・・ということがよくあります。早くなりがちな人は、食べたら一度箸を置くなど、意識してみるといいかもしれません。

だらだら食べ続けない

間食が多い方などだらだらと食べる癖がある方は、食べ過ぎてしまうことが多いので気を付けましょう。特に間食となると甘いものに手を出しがちではありませんか。決して間食をしてはいけないということではありません。間食を取り入れる時は、三食を規則正しく食べた上で、適量を守って食べましょう。

まとめ

食べ過ぎと老化について紹介しました。

・食べ過ぎによって、余った糖質がタンパク質と結合し、老化促進物質を多量に生成するため老化がすすむ

・食べ過ぎで老化促進物質が肌に蓄積されると、コラーゲンの柔軟さが失われ、肌が硬くなったり弾力がなくなる

・栄養をバランスを整え、ゆっくり規則正しく食べると食べ過ぎを予防できる

食べ物と老化は関係がないように感じると思います。しかし食べるものや食べ方によっては、老化を早めてしまうことがあるのです。そんな食べ方の一つが、食べ過ぎ!食べ過ぎも老化しやすくなる原因の一つなので、食べ方を工夫していきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。