インナーケア

まだ間に合う!老化を早める紫外線は72時間以内にアフターケアで回避

紫外線が老化の原因になることは、ご存知ですか。最近はよく、光老化なんて言葉も耳にしますよね。しかし紫外線予防をしっかりしていても、ついうっかり日焼けをしてしまうこともあるのではないでしょうか。そんな時、アフターケアが未来の肌を大きく左右します。今回は、そんな紫外線を浴びてしまった時のアフターケアについて紹介するので、ぜひ参考にしてください。

なぜ紫外線が老化を早めるの?

どうして紫外線が老化を早めてしまうのでしょうか。老化と紫外線の関係についてみていきましょう。

老化を早める紫外線とは?UVA・UVBの違い

紫外線にはUVAとUVB、UVCがあります。その中でも地上に到達し、私たちの肌に影響を及ぼすのがUVAとUVBなんです。

UVAとは

UVAは波長の長い紫外線で、曇りの日も窓ガラスも通り抜けてきます。しかもこのUVAは肌の奥まで到達してしまう紫外線なんです。地上に到達する紫外線の9割がUVAと言われています。

UVBとは

UVBは波長が短いですが、エネルギーの強い紫外線になります。このUVBはオゾン層や雲に阻まれやすいため、地上に到達する量は少なめです。しかしエネルギーの強さから、肌表面への影響はとても大きい紫外線になります。

なぜ紫外線が老化を早めるの?肌への影響とは?

実は紫外線UVAはシワやたるみを、UVBはしみやくすみなどの老化を引き起こします。

シワやたるみをひきおこすUVA

UVAは波長が長いため、肌の奥の真皮層まで到達してしまいます。ここには肌の張りや弾力に必要な、コラーゲンやエラスチンなどを生成する線維芽細胞があるのです。そんな線維芽細胞を紫外線UVAが傷つけてしまうため、シワやたるみを引き起こしてしまいます。

しみやくすみにつながるUVB

UVBは真皮層までは到達しないものの、強いエネルギーで肌表面に火傷をしたような、大きなダメージを与えます。そしてそのダメージから肌を守るために、メラニンの生成が促され、蓄積されたメラニンがしみやくすみになるのです。

うっかり日焼けしてしまった・・・もう間に合わない!?

紫外線対策をしていても、ついうっかり日焼けしてしまうこともあると思います。そんな時、もうどうにもできないの・・・?と落ち込んでしまいますよね。ではうっかり日焼けしてしまったら、もう取り戻せないのでしょうか。

日焼けしたらもう取り戻せない?

結論からお伝えすると、日焼けをしてしまってもアフターケアをしっかりすればなんとかなります。日焼け後72時間以内にケアすれば、なかったことにはなりませんが肌の回復スピードに大きな違いが出てくるのです。

日焼け後72時間が勝負なのはなぜ?

日焼け後72時間以内にケアしないといけないのはなぜなのでしょうか。まず私たちが日焼けをしたら、どのように肌は経過していくのかみていきましょう。

紫外線を浴びる

2〜3時間後  肌に炎症が現れる

8〜24時間後 ピークを迎える(肌が赤くなりヒリヒリする)

2〜3日後  赤みが消える

数日後   色素沈着し肌が黒くなる

これが日焼け後にたどる私たちの肌の状況です。このようにしみの元となるメラニンの蓄積は、約72時間で肌に定着し始めます。色素沈着させないために、72時間以内にケアする必要があるのです。また紫外線によって破壊されたコラーゲンやエラスチンも、早めのケアで回復させてあげる必要があります。

老化から肌を守るアフターケア

肌を老化させないために、紫外線を浴びてしまったなと感じたらアフターケアをしっかりおこないましょう。そんなアフターケアの方法を紹介します。

しっかり冷やす

日焼けした肌は火傷をしているような状態です。冷水や濡れタオル、氷や保冷剤を使ってしっかり冷やしてください。ヒリヒリしている時は、治るまで冷やしてあげるといいです。

たっぷり保湿する

日焼けした肌は水分が失われています。十分に保湿をしましょう。日焼け後は水分を保持する力が弱まり、肌の奥まで水分不足になっている可能性が高いです。いつもより低刺激で保湿力の高いアイテムを使ってケアしてあげてください。

日常生活でも紫外線のアフターケア

レジャーなどで激しい日焼けをしていなくても、日常生活でのちょっとした日焼けも気になるところですよね。そんな時は、どのようにアフターケアを取り入れると良いのでしょうか。

日常生活での紫外線アフターケアは、保湿ケアの強化をしてください。

・保湿力の高い化粧水や美容液を使う

・ブースターを使う

・パックなどの保湿アイテムを取り入れる

・潤いを守れる洗顔やクレンジングを使う

保湿力の高い化粧水や美容液を使う

紫外線の量が増える時期の化粧水は、保湿力の高いものを使うといいです。スクワランやヒアルロン酸などが配合されたものがおすすめですよ。

ブースターを使う

保湿アイテムの浸透をさらに良くするため、ブースターの使用もおすすめです。マイオ シリーズの109スキンウォーターなど、浸透力に優れ肌に優しいので、紫外線の多い時期の肌ケアにもってこいですよ。

パックなどの保湿アイテムを取り入れる

いつものスキンケアにプラスして、パックなどの保湿アイテムを取り入れましょう。紫外線の多い時期は、保湿パックを冷蔵庫で冷やして使うとさらにいいですよ。

潤いを守れる洗顔やクレンジングを使う

洗顔は汚れを落とすために必要なケアですが、肌を乾燥させるケアでもあります。紫外線の時期はそんな洗顔も気をつけたいところです。潤いを守りながら洗える洗顔を選びましょう。マイオンなど潤いを守りながら汚れはしっかり落とせるのでおすすめですよ。

まとめ

老化の原因となる紫外線を浴びてしまった時のアフターケアを紹介しました。

・うっかり紫外線を浴びてしまったら、72時間以内にしっかりアフターケアをする

・紫外線を浴びた後のアフターケアは「冷やす」「保湿」がポイント

・日常生活の中での紫外線アフターケアは、保湿の強化が重要

紫外線を浴びてしまったと感じた時は、いつもより保湿ケアに力を入れましょう。紫外線による老化は、アフターケアでどれだけカバーできるかで、未来の肌が変わってきます。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。