ニキビケア

ニキビ跡を治す方法ってある?セルフで可能な3つの方法とNGケア

ニキビがあるだけでモチベーションは下がります。必死に治そうと頑張った後、待ち受けているのはニキビ跡でまた悩むという人はたくさんいます。ニキビ跡をセルフケアで治す方法をご紹介していきます。

ニキビ跡を治す方法が気になる。ニキビ跡が残る理由

ニキビ跡は、赤みがあるものと茶色や黒っぽいものとに分かれます。どちらも同じ理由でニキビ跡が残っているわけではなく、それぞれ別の理由で跡が残っているんです。

赤いニキビ跡の場合

肌に赤みが残るようなニキビ跡は、肌に傷が残っているからです。ニキビはアクネ菌で肌が炎症し、皮膚の細胞が傷ついてしまいます。傷が深いとそれだけ肌の修復作業も時間がかかり、血管が開く原因になるので、赤みが皮膚から見えるんです。時間の経過とともに改善されますが、皮膚に沈着すると治りが非常に遅くなります。

茶色や黒いニキビ跡の場合

アクネ菌によって炎症が起き、ニキビができると皮膚は自己防衛しようとするんです。ニキビに効く殺菌作用がある活性酸素を作り出し、炎症を抑えてニキビを治そうとします。肌って頑張りすぎると、良い部分まで消してしまおうとするので、防御反応を出しすぎてメラニン色素が沈着した結果です。

クレーターのようなニキビ跡の場合

炎症が強く、腫れているニキビをそのままにしたり、爪で無理やりニキビをつぶしたことによって、肌の真皮層まで傷ついてデコボコしてしまいます。真皮層はターンオーバーせず、ずっと傷ついたままなのでニキビ跡として残ってしまうのです。

ニキビ跡を治す方法は状況によってセルフケア可能!

ニキビ跡は、月日が経てば薄くなっていく場合も多いです。状況によっては、なかなかニキビ跡が消えずに悩む人もたくさんいます。そんな時は専門医を受診した方がいい?と思うかもしれませんが、セルフケアでも治すことが可能です。

赤みのあるニキビ跡は炎症を抑えることが大事

治しきれなかった炎症が、皮膚を通して赤く見えているので、消炎成分が含まれたケア商品を使うと効果が期待できます。肌のターンオーバーがきちんと行われるようにケアすると、比較的治りやすいニキビ跡です。

色素沈着している場合は美白ケアをする

肌を守ろうと過剰にメラニンが発生したせいで、色素沈着したニキビ跡は根気強くケアする必要があります。効果的なのは、美白成分が含まれているケアアイテムを使うことです。シミと同じで、茶色や黒いニキビ跡は紫外線に弱く、消えにくくなるので、ニキビ跡のケアとともにUVケアも必要なので、注意が必要になります。

クレーターのようになっているのはクリニック受診がベスト

ニキビの状態が悪く、治った時にはすでに肌の奥深くまで傷がついてしまった場合、肌がデコボコになってしまいます。しこりのように盛り上がった状態になることもあり、このタイプのニキビ跡ができると、非常に悩むものです。

ここまでになると、セルフケアは非常に難しくなってしまうので、美容クリニックや皮膚科を受診した方が、キレイに肌を改善させることができます。治療方法としてはレーザーが主流ですが、クリニックによってはいろいろ方法があるので相談してみましょう。

ニキビケアで行ってはNGな方法

ニキビができるとすぐに治したい!と思うあまりに、実は肌にNGな方法でケアしている人もいます。

  • 洗顔を頻繁にする
  • 過度に角質ケアをする

アクネ菌増殖を食い止めるために、一生懸命たくさん洗顔をしたりしても、逆効果です。皮脂はアクネ菌を増殖させますが、同時に肌を守る機能もあるため、洗いすぎると必要な皮脂まで取り除き、乾燥肌のきっかけになります。肌のバリア機能がなくなれば、その分ニキビができやすくなるのでケアとしてはNGです。

古い角質を除去しようと、定期的にピーリングを行うことも効果的ですが、あまりやりすぎると肌が敏感な状態になって、ちょっとした変化でも過剰に反応してニキビになることもあるので、過度な角質ケアは避けましょう

まとめ

ニキビ跡はセルフケアでも治すことができます。肌状態がよくなるためには、健康な肌に戻してあげることが最善です。自分のニキビ跡に沿ったヘア方法をためしてみてください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。