インナーケア

体の中からエイジングケアして頭皮と髪の臭いケア!やりがち老け習慣とは?

頭皮と髪が臭う原因は様々あります。実はエイジングもその一つ。普段何気なくおこなっている生活習慣がエイジングに拍車をかけ、頭皮が臭う原因を作ってしまっているのです。そこで体の中からエイジングケアして、頭皮と髪の臭いをケアする方法を紹介したいと思います。老けるNGな生活習慣も紹介するので、一緒にチェックしていきましょう。

エイジングによる頭皮と髪の臭いは生活習慣が原因

頭皮の臭いは、生活習慣が乱れ体が酸化(エイジング)することで発生する、ノネナールという成分が原因です。ではエイジングによって頭皮が臭ってしまう仕組みを簡単に解説します。

体の酸化(エイジング)とは?頭皮が臭うわけ

食生活や睡眠、ストレスなどで生活習慣が乱れる

体の中で活性酸素が発生する

活性酸素が皮脂腺の中にある9-ヘキサデセン酸と結合してノネナールに変化する

頭皮は皮脂腺が多い部分のため、臭いが目立つようになる

このように頭皮が臭うのは、体が酸化(老化)することから始まります。そのため、エイジングによる臭いの予防は、生活習慣の改善が効果的なのです。

頭皮が臭うNGな老け習慣とは?

ではどんな生活習慣が、臭いの原因である体の酸化(エイジング)を引き起こすのでしょうか。

腸内環境が悪い

腸内環境が悪いと、腸内で食べ物が腐敗し臭い物質が発生するため、臭いが気になるようになってしまいます。臭いも健康も美容も私たちの体は腸がポイントです。

糖質のとりすぎ

糖質をとりすぎると、不必要な糖は中性脂肪へと変わります。中性脂肪が高いと皮脂の分泌量が上がるため、臭いやすくなるのです。砂糖や炭水化物のとりすぎには注意しましょう。

動物性脂肪のとりすぎ

動物性脂肪はとりすぎると皮脂の分泌が増えるだけでなく、臭い物質も多く作られてしまいます。乳製品やお肉、特に肉の加工食品は食べる量に注意しましょう。

アルコールの飲みすぎ

臭いが体の外に出てこないのは、臭い物質や脂肪を肝臓で分解しているからです。しかし、アルコールを過剰に摂取すると、肝臓はアルコールの分解を優先します。そのため分解しきれなかった臭い物質や脂肪が血液へ流れ、臭うようになるのです。

睡眠不足

睡眠不足が続くと、成長ホルモンが十分に分泌されません。すると頭皮の血行が悪くなり酸化するため、臭いやすい頭皮環境になってしまうのです。

汗をあまりかかない

汗をあまりかかない人は、頭皮の汗腺が弱っていることが多いです。すると汗にミネラルが多く含まれるため、それをエサにして雑菌が繁殖するので臭うようになります。

ストレスが溜まっている

ストレスは免疫力を下げるため、頭皮の雑菌が繁殖しやすくなります。また交感神経が優位になり、男性ホルモンが増加することで皮脂の分泌も増えるのです。すると汗自体、脂っぽい臭いがするようになってきます。また疲労の蓄積も、乳酸やアンモニアを肝臓で分解しきれず、臭いの元となってしまうことがあります。

体の中からエイジングケアして臭わない頭皮になる方法

食事や運動などで、体の中からエイジングケアをして、頭皮と髪の臭いをケアする方法を紹介します。

臭いを抑える食べ物を積極的にとる

抗酸化作用のある食べ物

ナッツ・アーモンド・ごま・アボガド・緑黄色野菜・果物

抗酸化作用のある食品は、皮脂の酸化を予防する効果が期待できます。特にビタミンEの豊富な食材(ナッツ・アーモンド・ごま・アボガドなど)は、抗酸化作用が高いのでおすすめです。ビタミンCが豊富な食材(緑黄色野菜・果物)と一緒にとると、さらに効果の持続が期待できます。

アルカリ性の食材

梅干し・海藻類・緑野菜・大豆製品

体が酸性になると、臭い物質が作られやすくなります。なので、アルカリ性の食品を食べて、酸性に傾いた体を中和しましょう。

善玉菌や善玉菌のエサになる食材

発酵食品・食物繊維・オリゴ糖

上でもお伝えしたように、腸内環境は臭いにも大きな影響を与えます。善玉菌の多い食材や食物繊維などを積極的にとり、腸内環境を整えていきましょう。

運動をして汗をかくようにする

汗をしっかりかくようにして、汗腺を鍛えましょう。汗腺が鍛えられると、臭い物質を含まないサラサラな汗になるからです。おすすめは有酸素運動です。有酸素運動はゆっくりと体温が上がっていくため、しっかりと汗をかくことができます。

睡眠をしっかりとる

寝ている時に出るメラトニンというホルモンは、体の酸化の原因である活性酸素の発生を抑えてくれます。まとまった睡眠時間の確保と共に、寝る直前のスマホの操作や入浴、食事の時間など、寝る前の行動を見直しましょう。

ストレスを溜めないよう意識する

ストレスは皮脂の分泌が増え、免疫の低下から雑菌も繁殖しやすくなります。なのでストレスはその日のうちに発散して、リラックスすることがおすすめです。ゆっくりお風呂に入ったり、アロマでリラックスしたりと、好きな時間を楽しんで、自分に合う方法で体と心を休めましょう。

まとめ

体の中からエイジングケアして、頭皮と髪の臭いをケアする方法を紹介しました。

生活習慣を見直し、酸化(エイジング)を予防するには

・抗酸化食品やアルカリ性の食品を積極的にとる

・まとまった睡眠時間の確保や睡眠の質をあげる

・ストレスはその日のうちに解消する

生活習慣の乱れによって体が酸化すると、頭皮が臭う原因となる、ノネナールという物質が発生します。そんな頭皮の臭いの原因ノネナールを発生させないよう、食事や睡眠、ストレスケアをして、体の中からエイジングケアをしていきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。