お肌ケア

花粉症で弱った肌は紫外線の餌食に!?UVケアで最新版花粉対策!

花粉で肌の調子が悪いと、日焼け止めを塗っても大丈夫かな?と心配になると思います。またマスクをしているから大丈夫と思っていませんか?しかし花粉で弱った肌は紫外線のえじきになってしまいます。そこで今回は花粉の時期のUVケアについて紹介します。UVケアで花粉症対策をしましょう。

花粉の時期にUVケアが必要なのはなぜ?

・肌トラブルが悪化しやすいから

・紫外線量が増える時期でもあるから

・マスクをしていても紫外線を通すから

私たちの肌は、花粉によって肌のバリア機能が低下し、とても敏感な状態になっています。そんな弱った肌に紫外線が直撃すると、紫外線による肌トラブルが悪化する恐れがあるため、花粉の時期は紫外線対策が大事なのです。また花粉症が気になる時期は、紫外線の量が増え始める時期でもあり、マスクも紫外線を完全に遮断できないため注意しましょう。

花粉の時期のUVケア

ツルツル素材の帽子・サングラス

ツルツルとした素材でUVカット効果のあるものを選ぶと、花粉対策にも紫外線対策にもなっていいです。

UVカット効果のあるマスク

通常のマスクでは紫外線を遮断できません。遮断率90%以上、UPF40以上のUVカットマスクを選びましょう。

低刺激の日焼け止め

低刺激、アルコールフリーの日焼け止めを選ぶと、花粉の時期の肌でも使いやすいです。また最近は花粉の付着を防ぐ日焼け止めなどもあります。ドラッグストアでチェックしてみましょう。

花粉時期の日焼け止めの使い方

ポイントはこまめな塗り直し

マスクの下などは特に日焼け止めが流れてしまいやすいため、こまめに塗り直しましょう。普段の塗り直しより気持ち回数を増やして塗り直してあげるといいです。花粉症でお悩みなら、SPFやPAが高い日焼け止めよりも低い日焼け止めを選んでこまめに塗った方が刺激が少なく効果的にUVケアできます。

花粉症の時の日焼け止め注意点

・花粉で肌が炎症をおこしている

・肌がヒリヒリする

・痒みがある

などトラブルがすでに大きく目立つ時は、治るまで日焼け止めの使用は避けた方がいいです。

まとめ

花粉の時期は、少しの刺激でも大きなトラブルになりやすいのです。紫外線の刺激もいつもよりダメージが大きくなってしまいやすいので、花粉とUVカットの両方ができるアイテムを使い予防しましょう。日焼け止めも刺激の少ないものを選んで、肌に負担がかからないようバランス良くケアしていってください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。