インナーケア

老けて見える原因は髪だった!?プロとセルフのケアで髪の予防美容!

最近老けてみえるようになった…そう感じる原因はシワ?シミ?もちろんそれもありますが、見落とされがちなのが髪です。実は髪の印象はとても大きいのに、老化予防している方が少ないのです。そこで今回はプロと一緒におこなう髪の予防美容とセルフでもできる予防美容を紹介します。

髪のケアは対処美容から予防美容へ

ヘアケアは今、どのように変わってきているのでしょうか。

今までのヘアケアは「対処美容」

対処美容とは、トラブルやエイジングサインが気になるようになってからスタートさせるケアです。パーマやカラーなどで傷んでしまった髪をトリートメントでケアして補修しますよね。今までは多くがそのような対処美容がメインでした。

これからのケアケアは「予防美容」

予防美容は、トラブルやエイジングが表面化しないよう予防していくケアのことをいいます。カラーやパーマなどの化学処理や紫外線などの日常のダメージなどに負けない髪や頭皮を維持していくためのケアです。最近は元から強い髪を育てようというケアが注目されています。

髪の予防美容をセルフでする方法

予防美容っと聞くと少し難しそうと感じるかもしれませんが、セルフでもできる方法がたくさんあります。

正しくシャンプーをする

シャンプーは毎日のケアの積み重ね、気にした事がない方も多いと思うのでこれを機に見直してみましょう。

お湯でしっかり洗い流す

お湯の温度は熱すぎると頭皮が乾燥するので38℃くらいがおすすめです。

シャンプーは泡立て使う

洗顔の時ほどでなくていいので、シャンプーを少し泡立ててから使いましょう。ベタっと頭皮に直接付けてしまうと、毛穴詰まりをひきおこしてしまつこともあります。

頭皮を指の腹でマッサージするように洗う

シャンプーは髪よりも頭皮を洗うのが目的のため、頭皮メインで洗っていきます。髪は泡で撫でるように洗う感じでいいです。

すすぎ残しがないようしっかりすすぐ

すすぎ残しはトラブルの原因となるため注意です。

髪にトリートメントをつける

頭皮にベタっとトリートメントが付かないよう気を付けてください。

しっかりすすぐ

同様にすすぎ残しはトラブルの原因です。

頭皮も髪も生乾きにならないよう乾かす

しっかり乾かさないのもトラブルの原因となります。特に頭皮は乾かせていない事も多いので注意です。

頭皮を保湿する

頭皮の乾燥はトラブルやエイジングの原因となります。頭皮用の化粧水や美容液、オイルなど頭皮を保湿するアイテムをつかいましょう。109スキンウォーターなども肌に優しく、スプレーで使いやすいのでおすすめです。

セルフでもできる頭皮マッサージ

シャンプーの時やメイク前など、できるタイミングでいいので頭皮をマッサージしてあげましょう。爪を立てないよう頭頂部に向かってクルクルとマッサージしてあげてください。頭皮の血行が良くなり栄養がしっかり届くようになりますよ。

頭皮マッサージの方法などよければ参考にしてください。

頭皮マッサージでマイナス5歳!額や目元のシワを改善する方法!

生活習慣を見直す

食生活や睡眠も肌と同じように頭皮に影響します。特にタバコはエイジングに大きな影響があるので見直しましょう。

サロンでプロと予防美容

頭皮は自分では見えない部分でもあるので、どんなケアが合っているのか、そもそも自分では頭皮や髪の状態ってわからないことが多いと思います。そこでプロの美容師さんに相談しながら、自分に合うワンランク上の予防美容をしていきませんか。

使うシャンプーを相談する

シャンプーと一言で言っても、保湿に特化きたものや自然派のものなど種類は様々。頭皮や髪の状態も人それぞれです。シャンプーは毎日のケアとなり影響が大きいため、プロに相談して自分に合う使いやすいものを選んでみてはいかがでしょう。

ヘッドスパを定期的にする

ヘッドスパは白髪や抜け毛の予防はもちろん、健やかな髪を育成していくのに効果抜群です。ヘッドスパのあの心地よさらプロでないと味わえません。ヘッドスパについて詳しく解説している記事もるのでよければ参考にしてください。

今話題の炭酸泉ヘッドソーダスパってなに?

炭酸泉ヘッドスパはどんな人におすすめ?誰でもできるの?

ツヤ髪になれるだけじゃない!炭酸ヘッドスパの意外な効果とは?

オーガニックのカラーを選択肢の一つにする

カラーの中にはオーガニックカラーという自然派のものもあるため、選択肢の一つにするのといいかもしれません。しかし他のカラーがいけないわけではありませんよ。髪の状態に合わせてできるよう、美容師さんと相談しながらおこなっていくと安心です。

まとめ

髪の予防美容を始めようと思ったら、セルフケアはもちろん、美容師さんというプロに相談する事もできます。いきなり全てのケアをしなきゃと焦る必要はありません。できるところから始めていきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。