インナーケア

体の中から健やかに美しく!女性ホルモンをととのえる生活習慣とは?

年齢を重ねるほど、女性ホルモンの影響によって肌の調子が悪くなる事が増えてきます。そんな女性ホルモンをととのえるには、生活習慣の見直しが必要です。女性ホルモンが乱れる生活習慣をしていないかチェックし、この機会に見直していきましょう。

女性ホルモンが乱れる要因とは?

・食生活の乱れ

・無理なダイエット

・睡眠不足

・体の冷え

・ストレス

女性ホルモンが乱れる要因は主にこのような事が考えられます。もともと女性は生理があるためホルモンのバランスが周期的に変化しやすいのです。しかしこれらの要因が加わりホルモンバランスが乱れると肌や体へ負担がさらに大きくかかってきます。

女性ホルモンが乱れやすい生活習慣になってない?チェック!

あなたの生活習慣は大丈夫ですか?NGな生活習慣になっていないかチェックしてみましょう。

✔︎朝食を抜く事が多い

✔︎食事の時間が不規則

✔︎インスタントやファストフードをよく食べる

✔︎甘いものが止まらない

✔︎冷たいドリンクを飲む事が多い

✔︎コーヒー・紅茶を1日に何杯も飲む

✔︎肉や魚をあまり食べない

✔︎水をあまり飲まない

✔︎タバコを吸う

✔︎食事制限のダイエットをしている

✔︎急激な体重の増減があった

3つ以上思いあたる事がある方は女性ホルモンが乱れやすいため生活習慣を見直していきましょう。

生活習慣を見直して女性ホルモンをととのえよう!

食事、睡眠、リラックスの3つの視点から生活習慣の見直しをしていきましょう。

・規則正しく3食食べる

・飲み物や食べ物は温かい物がおすすめ

・水分はできれば11以上飲めるのが理想

0時前にはベットに入る

・無理なダイエットはしない

・リラックスする時間をもつ

規則正しく3食食べる

食生活の乱れは自律神経の乱れにつながるため、ホルモンバランスも乱れやすくなるんです。そのため食事を抜いたり、不規則に食べたりする事が多いようなら規則正しく食べるようにしましょう。

飲み物や食べ物は温かい物がおすすめ

体が冷えると血行が悪くなり体全体の代謝が悪くなってしまいます。体は冷やさない方が良いため、食事も冷たい飲み物や食べ物よりも温かいものや常温がおすすめです。

水分はできれば11以上飲めるのが理想

水分もしっかりとって欲しいですが、水やお茶にしてください。コーヒーやお酒などですと利尿作用があるため、余計に水分不足になってしまうので注意しましょう。

0時前にはベットに入る

ホルモンは睡眠中に多く分泌されます。もちろん女性ホルモンもです。特にホルモンの分泌は深夜2時までが最も盛んです。それまでに熟睡するためには、遅くても0時くらいまでには就寝することをおすすめします。

無理なダイエットはしない

無理なダイエットは体にも心にもストレスになります。ストレスは女性ホルモンに大きく影響するため無理をしてはいけません。特に無理な食事制限は大きく影響するのでやめてくださいね。

まとめ

女性ホルモンは私たちの健康や美容にも影響をあたえるとても大切なものです。そんな女性ホルモンは食事や睡眠、ストレスなどの生活習慣の影響を大きく受けます。年齢を重ねるほどに、生活習慣を改善して体の中から美しくなりましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。