エイジングケア

冬の肌は夏から秋へ向けてのケアで決まる!秋の肌ケア3つのポイント!

肌にとって冬は過酷な季節!カサカサしたり化粧ノリもわるくなっとりとトラブルや不調に悩まされる方は多いのではないでしょうか。そんな冬を乗り越えられるかは、この夏から秋にかけてのケアにかかっています。そこで今回は秋の肌ケアのポイントをお伝えします。

冬の肌が秋のケアで決まるって本当!?

本当です!紫外線や冷房による乾燥、体を冷やす生活習慣などによって秋の肌はとても弱った状態になっています。そのまま乾燥による過酷な冬へと向かえば肌は耐えられません。そのため、夏から秋にかけてのケアはとても大事なのです。秋は夏のダメージをケアしながら乾燥対策として保湿ケアにも力をいれていきましょう。

秋の3つの肌ケアポイント!

秋の肌ケアは夏のダメージケア、乾燥に向けての保湿ケア、肌に負担が少ないケアがポイントです。ではそれぞれ詳しくみていきましょう。

夏のダメージをケア

夏の肌ダメージにはビタミンC誘導体が含まれた基礎化粧品がおすすめです。ビタミンC誘導体は、色素沈着を目立たなくさせたり、メラニン色素の生成をおさえるサポートをしてくれます。紫外線によるダメージのケアにはぜひ使いたい成分です。しかもエイジングケアや毛穴の引き締め、ニキビ予防などにも効果が期待できる万能成分なんですよ。ビタミンC誘導体はキレイな肌作りには欠かせません。

乾燥に向けての保湿ケア

秋はより一層しっかりとした保湿ケアにシフトチェンジしていきましょう。化粧水などさっぱりタイプを使われている方はそろそろしっとりタイプに変えていくといいかもしれません。また冬はセラミドが不足しやすくなります。なので基礎化粧品にセラミドが含まれたものを選ぶといいですよ。ケアの最後にはクリームや乳液もしっかり使うようにしましょう。

肌に負担が少ないケア

秋は夏のダメージで肌が弱っているため、負担がかかるケアは避けたほうがいいです。中でもピーリングやスクラブなどの角質ケアは避けるか頻度を少なくしましょう。また洗浄力の強い洗顔料も使用はさけマイルドな洗い上がりのものを使うようにするといいです。

まとめ

夏の過酷な環境を乗り切った秋の肌はとても弱っています。その状態のまま冬を迎えれば肌は耐えられずボロボロになる可能性が…。そんな事にならないため、秋はダメージケアや保湿ケアなどを優しくおこなっください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。