ニキビケア

背中をうっかり日焼けしてしまった!72時間が勝負!

夏の強い紫外線!ケアしていたはずなのにうっかり背中を日焼けしてしまった…もうどうにもならないの…とこんなお悩みはありませんか?背中は自分ではケアしにくい部分のため、どうしても紫外線対策が行き届かない事があります。そんなうっかり日焼けは72時間以内のケアが勝負!今回はそんな背中を日焼けしてしまった時のケア方法を紹介します。

日焼けの正体とは?なぜ72時間が勝負なの?

日焼け後72時間が勝負と言われますが、なぜ72時間なのでしょうか?まずは日焼けの仕組みについてみていきましょう。

日焼けってなに?ケアしないとどうなる?

日焼けは実は軽い火傷なんです。ケアせずそのままにしておくと、皮がむけてしまったり、酷いと水膨れになってしまう事もあります。

どうして日焼け後72時間以内にケアしないといけないの?

シミの元となるメラニンが肌に定着するまでの時間がだいたい72時間後だからなです。背中がシミだらけになってしまう前に、メラニンの生成を抑え、定着しないようにしましょう。72時間とは言いますが、先程お伝えしたように日焼けは火傷です。できるだけ早めに日焼けはケアしてください。

背中の日焼けから72時間の勝負ケア!

日焼けをしてしまったら72時間以内のケアが鍵!特に背中のように広い部分は早めのケアでクールダウンをしてください。72時間以内にして欲しいケアの方法を紹介します。

72時間以内にして欲しい日焼けケア!

まずはとにかく冷やす

背中はシャワーや濡れたタオルを使うとケアしやすい!

日焼けは火傷しいる状態なので、まずはとにかく冷やしましょう。保冷剤や氷をタオルなどで包んで冷やすのが一般的です。しかし背中は冷やしづらい、日焼けの範囲が広い、となかなかケアがしずらい事もあると思います。そんな時はシャワーやタオルを濡らして当てるなどするといいです。この時、シャワーの水圧が強すぎないよう注意してください。背中の皮が剥けてしまっているような時はシャワーは避け、濡れたタオルを背中に当てるといいです。

しっかり保湿

化粧水でパックがケアしやすい!化粧がしみるなら軟膏!

背中を冷やしてほてりや痛みが治ったら、保湿ケアをしましょう。背中はなかなか手が届かないため、化粧水をティッシュに含ませて背中に広げてあげるとやりやすいです。化粧水は低刺激のものを選ぶといいですよ。日焼けをした部分は乾燥がどんどん進んでいきます。そのままにすると肌のバリア機能が低下し、肌が炎症をおこしたり、シワができたりしてしまうんです。そのため日焼けをしたら必ず保湿をしてください。

化粧水がしみて痛い時は軟膏が使いやすいのでおすすめです。軟膏はやけどに対応したものを選んで使いましょう。

水分をこまめに!

日焼けの翌日までは特に水分補給を意識

日焼けは体の中からもケアしてください。水分をしっかりとると肌の水分量もアップするので、ケアに効果的なんです。しかしコーヒーや緑茶などは利尿作用があるため向いていません。またアルコールも血管が拡張されてるため、日焼けをした時は悪化しやすくなるので避けましょう。

日焼け後の注意点!

日焼け後は肌への刺激をなるべく避けましょう。日焼け後に注意してほしい、やらないで欲しいケアをお伝えします。

・痛みを我慢してケアを続ける

・すぐに美白ケアをする

・熱い湯船につかる

・皮を剥く

背中を日焼けしたら早く何とかしなきゃと焦って、痛みを我慢しながらケアしたり美白ケアを早急におこなう事はしないでさい。悪化してしまいます。もちろん熱いお湯に浸かったり皮を剥いたりなど背中に刺激を与える事はやめてください。痛みが引かない時はとにかく冷やしましょう。それでも痛みが治らない場合は皮膚科にかかってください。

背中の日焼けが治ってきたら美白ケアに進もう!

日焼けが治ってきたら美白ケアに進んでいきましょう。ケアのポイントをお伝えします。

どうしてすぐに美白ケアしちゃいけないの?

美白ケアのアイテムはどうしても他の化粧品と比べて刺激が強くなります。日焼けで炎症を起こしている肌には刺激が強すぎてしまい、肌がさらに炎症を起こしたりとダメージが大きいため落ち着いてからケアをして欲しいんです。

背中の美白ケアにおすすめなのは?

美白ケアには美白成分が配合された化粧水を使ってください。

・ビタミンC誘導体

・アルブチン

・プラセンタ

などが配合されたものがおすすめです。ぜひ使ってみてください。

まとめ

背中は手が届きにくくケアしにくいばかりか、範囲が広いため日焼けをするとダメージが大きいです。うっかり日焼けしてしまった時は、諦めず72時間以内に冷やし、保湿し、しっかりケアしていきましょう。72時間以内にしっかりケアできればシミだらけの背中を回避できるはずです。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。