未分類

おすすめの洗顔石鹸の選び方と使い方!肌に合うものを選べば最強!?

洗顔石鹸、最近は使わなくなったという方も多いかもしれません。しかしそんな洗顔石鹸が最近またブームになっているんです。自分の肌に合うものを選べば最強のアイテムになります。今回はそんな洗顔石鹸の選び方や使い方をご紹介します。

洗顔石鹸はなぜおすすめなの?

洗顔石鹸の人気の秘密、おすすめな理由は2つあります。

・コスパの良さ

・無添加の安心

この2つが洗顔石鹸の根強い人気の秘密なんです。他のタイプの洗顔料と比べて、洗顔石鹸は低価格なものが多くあります。しかも1回の使用で消費する量も他のタイプより少なめです。洗顔料の中で洗顔石鹸は圧倒的にコスパが良いのです。また洗顔石鹸はとてもシンプルな作りになっています。余計なものが入っていない物が多いため、無添加で安心して使えるのも人気の理由なんです。

肌タイプ別、洗顔石鹸の選び方!

洗顔石鹸に限らず、自分の肌に合ってないものを使っては逆効果です。一概に洗顔石鹸と言っても種類は様々あります。そこで肌タイプ別に洗顔石鹸の選び方をまとめてみました。

乾燥肌にはオレイン酸

乾燥肌の場合、洗顔時に肌の潤いを逃がさない事が大切です。そこでおすすめなのが、オレイン酸配合の洗顔石鹸です。オレイン酸は保湿力に優れており、抗菌作用もあります。皮脂を落としすぎる事もありませんし、肌の水分の蒸発も防いでくれるのです。しかも自然由来のものなので安心して使えます。

脂性肌にはパーム油

ベタつきやニキビを予防するため、ある程度洗浄力があるものを選んであげましよう。脂性肌の方にはパーム油が配合された石鹸がおすすめです。パーム油の良いところは、皮脂はしっかりと流してくれますが、角質層の潤いはちゃんと残してくれるところです。

混合肌にはセラミド

混合肌にはセラミド配合の洗顔石鹸がおすすめです。セラミドはしっかり洗いながら潤いも与えてくれる優れた成分になります。セラミドはもともと私たちの肌の中にもある成分で、肌の潤いが保てれるのはこのセラミドのおかげなんです。そのため洗顔しても肌の水分を保ちながら皮脂汚れも洗い流せます。

洗顔石鹸の上手な使い方!4つのポイント!

自分の肌に合う洗顔石鹸が見つかったら次は使い方です。洗顔石鹸の使い方のポイントをご紹介します。

・洗顔前に手を洗う

洗顔前に手を洗うメリットは2つあります。1つめが手を洗う事で石鹸の泡立ちが良くなります。肌への摩擦を軽減させるためには泡が重要です。洗顔石鹸は自分好みの泡を作れるのが良いところなので、ぜひたっぷりの泡を作ってください。2つ目は手に付いた菌を洗い流す意味があります。手に菌が付いたままでは顔に菌を擦り付けてるのと同じです。洗顔前は手も清潔にしましょう。

・メイクオフしてから洗顔をする

洗顔石鹸だけではメイク用品の油分を落とす事はできません。メイク汚れが残ったままでは毛穴が詰まり、肌もくすみます。洗顔前に必ずクレンジングをしましょう。

・洗いすぎない

時間をかけてしっかり洗った方がキレイになるイメージがあると思います。確かに肌はいつも清潔にしておくべきです。しかし洗いすぎは乾燥の原因になり、摩擦も大きくなるので肌にダメージを与えてしまいます。洗顔石鹸は無添加で肌に優しいとはいえ、洗いすぎは禁物です。

・洗い流すお湯はぬるま湯

洗い流す時のお湯の温度に注意しましょう。お風呂のお湯などは熱すぎて肌へのダメージが大きいです。乾燥肌なら28度前後、脂性肌や混合肌なら28度から高くても32度くらいのお湯を使いましょう。

まとめ

洗顔石鹸の選び方と上手な使い方についてご紹介させていただきました。洗顔石鹸は洗浄力が強いイメージがあると思います。しかし自分に合うものをきちんと選べば無添加でコスパも良いのでおすすめです。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。