未分類

あなたにおすすめの洗顔は!?肌タイプ別洗顔料の選び方ガイド!

良い洗顔とは、ズバリ自分の肌に合う洗顔料を選べているかどうかです。合うものを使えば肌トラブルも少なく、健康的で美しい肌をキープできます。そんな洗顔料にはいろいろなタイプがあるんです。それぞれの特徴を知って、自分にベストなものを選んであげましょう

あなたの肌は何タイプ!?簡単肌診断!

自分の肌が何タイプなのか知っていますか?そこで改めて自分の肌タイプを診断してみましょう。

診断方法

洗顔したらタオルで水分を拭き取り、夏なら10分、冬なら5分そのままにするだけです。化粧水も乳液も付けずそのままにして肌の状態を観察してください。

乾燥肌

放置した後、全体的に肌がつっぱったりカサカサしだしたら乾燥肌です。

脂性肌

顔全体がベタベタとオイリーにベタつくようなら脂性肌になります。

混合肌

Tゾーンがベタつき、口元や頬のUゾーンがカサカサするようなら混合肌です。

敏感肌

肌がつっぱるのとは別にピリピリするようでしたら敏感肌になります。

普通肌

カサつきもベタつきもないようでしたら普通肌です。

このように洗顔後、5〜10分後の肌の状態でどのタイプなのか見極める事ができます。洗顔後というのは肌本来の状態になるんです。そのため肌タイプを診断することができるのです。

ちなみに肌タイプはいつも同じではありません。体調や季節、年齢を重ねることに変化します。この方法なら自宅で簡単に診断できるので、ぜひ定期的に診断してみてください。

肌タイプ別に洗顔料の選び方!

自分の肌タイプがわかったら、次はその肌に合う洗顔料を選びましょう。肌タイプ別におすすめの洗顔料をご紹介します。

乾燥肌

乾燥肌の方が洗顔料を選ぶ時のポイントは2つです。

・洗浄力が優しい

・保湿力がある

この2つをポインに洗顔料を選ぶことをおすすめします。具体的にはアミノ酸系の洗顔料がおすすめです。成分表示にココイルグリシンKやラウロイルメチアアラニンNaと表示されているので見てみてください。アミノ酸系は私たちの肌を作るタンパク質の一つなんです。そのため肌にあたえるダメージを少なく洗顔することができるのです。

脂性肌

脂性肌の洗顔料を選ぶポイントはバランスです。洗浄力と保湿のバランスがとれたものを選びましょう。脂性肌の場合、皮脂が過剰に分泌するため毛穴が詰まりやすくニキビもできやすくなります。そのため保湿しつつも洗浄力がある程度あるものを選んで大丈夫です。石けんやカリ石けんが成分表示の上の方にあると洗浄力が高めになります。これと同時に保湿もできるよう、ヒアルロン酸やセラミドなど保湿成分も入ったものを選んでください。

混合肌

日本人に1番多く、1番扱いづらい肌がこの混合肌タイプです。混合肌タイプの脂性肌は皮脂腺が多いのに加え、実は乾燥が原因になっている事がよくあります。肌が潤いを逃すまいと必要以上に皮脂を出してテカらせてしまってるからなんです。また乾燥が原因のニキビもできやすく治りにくいのもこの肌の特徴です。混合肌は保湿を重点にニキビケアもできるものを選んであげましょう。

アミノ酸やセラミド、コラーゲンなどが入った洗顔料は保湿力があるためおすすめです。またニキビ予防のため、肌に負担が少なく毛穴の汚れもしっかりとれる、泡立ちが良いものを選ぶことをおすすめします。

敏感肌

敏感肌の洗顔を選ぶ際のポイントも2つあります。

・洗浄力が優しいもの

・刺激がすくないもの

洗浄力が強いものは皮脂が必要以上に奪われるため、肌のバリアが弱まってしまいます。乾燥肌の方と同じくアミノ酸系の洗顔料がおすすめです。また香料やアルコールなど刺激があるものは肌が荒れやすいので避けた方が無難です。敏感肌の方は自分に合わない成分を把握しておくと洗顔料を選ぶ際も参考になります。

まとめ

どの洗顔料もそれぞれにそれぞれの良さがあります。しかしそれが必ずあなたの肌に合うとはかぎりません。良い洗顔とは自分の肌に合う洗顔料を使って洗ってあげることです。まずは今の自分の肌タイプを知りましょう。そしてその肌に合う洗顔料を選んであげてください。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。