紫外線

夏のニキビは○○の対策が必要!キレイに治すには?

夏はニキビができやすい季節です。そんな夏のニキビ、他の季節と同じケアだけでは悪化する恐れがあります。夏のニキビを跡を残さずキレイに治すためには「紫外線」の対策が必要なのです。今回はそんな夏ニキビの紫外線対策をご紹介します。

夏のニキビは紫外線が原因に!?

ニキビはアクネ菌が過剰に分泌された皮脂や汚れをエサにして増殖し、毛穴を詰まらせ炎症をおこしたものです。夏は皮脂が出やすい時期のためニキビができやすい環境にあります。しかも原因はそれだけではないんです。夏特有の原因、それは紫外線です。

・紫外線によって肌がダメージを受け、角質層が厚くなり毛穴が詰まる事でアクネ菌が増える。

・紫外線の影響でバリア機能が弱くなるため、少しの刺激にも敏感になってしまい肌のターンオーバーが乱れる。

紫外線はこのように肌に影響を与えニキビができやすい環境を作ってしまうのです。

夏のニキビは紫外線対策が必要!日焼け止めは使ってもいいの?

夏のニキビは洗顔など肌を清潔に保つ以外にも紫外線対策が必要になってきます。

どうして紫外線対策が必要?

紫外線対策をせずそのままにしてしまうと、色素沈着のようにニキビ跡が残ってしまったり、炎症をおこしたりと悪化してしまうからです。夏のニキビは通常のニキビケアにプラスして紫外線対策を強化しましょう。

日焼け止めは使ってもいいの?

日焼け止めは正しく選んで正しく使えば、ニキビのある肌にも使ってあげられます。しかし刺激の強い日焼け止めや一日の終わりにキレイに洗い流さないと、ニキビがより悪化してしまうため注意しましょう。むしろ日焼け止めがニキビの原因になる事もあるため、気をつけてください。

夏のニキビ肌へ使えるの日焼け止めの選び方!

夏のニキビ対策には日焼け止めを使う必要があります。しかしニキビ肌に日焼け止めを使うのは正直心配!どのように選べば肌への負担が少ないのでしょうか?

ノンコメドジェニックテスト済み

ノンコメドジェニックの日焼け止めは、ニキビのもとである皮脂や汚れが溜まりにくい設計になっています。肌に優しくニキビのもとになりにくいためおすすめです。

ノンケミカル

ノンケミカルまたは紫外線吸収剤不使用の日焼け止めもおすすめです。刺激が少なく、石鹸のみで落とせるものも多いため、ニキビができやすい人は使いやすい日焼け止めになります。

低刺激タイプ

香料や着色料、パラベン、アルコールなど日焼け止めには様々な成分が配合されているものがあります。ニキビ肌などダメージを受けている時は余計な成分が極力配合されていない低刺激たタイプを選びましょう。

なめらかなテクスチャー

肌を擦ってしまうとニキビが悪化しやすくなります。そのため付け心地が軽めの伸びが良いなめらかなテクスチャーのものを選んであげるといいです。

日焼け止めの使い方のポイント!

ニキビが気になる時の日焼け止めは、3つのポイントに注意して使いましょう。

・SPFの低いものを使う

・こまめにぬる

・一日の終わりには必ず洗い流す

SPFは高ければ高いほど油分が多くなるため、ニキビができやすくなります。そのためニキビが気になる時は、SPFの低めのものを2〜3時間おきにこまめに塗り直してあげるといいです。

また日焼け止めが肌に残った状態でいると酸化しニキビがより悪化します。日焼け止めだけでメイクをしなかった時でも、一日の終わりには必ず日焼け止めは洗い流してあげてください。

まとめ

夏のニキビは肌をキレイに保ったり生活習慣を見直す通常のケアに加え、紫外線対策がより重要になってきます。ニキビ肌へ負担になりにくい日焼け止めを選び、正しく使ってあげてください。正しい紫外線対策で夏のニキビも乗り越えられます。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。