お肌ケア

季節性敏感肌ってなに!?春は敏感肌に要注意!

季節の変わり目は冬のダメージの蓄積や新生活のストレスなどにより肌がとても弱っています。季節の変わり目だけ肌荒れが悪化するなんて方いませんか。それはもしかすると季節性敏感肌かもしれません。今回はそんな季節性敏感肌についてご紹介します。

季節性敏感肌とは?チェックしてみよう!

季節性敏感肌とは、季節性アレルゲン(花粉・ホコリ)によって肌がダメージをうけ敏感な状態になることをいいます。

✔︎季節の変わり目は肌に赤みが出やすい

✔︎目の周りや頬が乾燥しやすい

✔︎花粉症

✔︎紫外線にあたると赤くなりやすい

✔︎ストレスをためやすい

✔︎睡眠不足

チェックが1つでもある方は季節性敏感肌になる可能性があります。多ければ多いほど季節性敏感肌の可能性が高くなります。

どうして春は敏感肌になりやすい?

そもそもなぜ春は敏感肌になりやすいのでしょうか。肌が敏感になってしまう主な原因は花粉・紫外線・ストレスの影響が大きいです。

花粉

冬の乾燥によるダメージで春は肌のバリア機能が低下しています。そんな弱った肌に花粉が付着するとアレルギー反応や肌荒れをおこしやすくなるのです。

紫外線

春は肌にメラニンが少ないため紫外線の影響をもろにうけやすいです。また夏ほど日差しが強くないことからついケアを忘れがちにも。

ストレス

ストレスはホルモンバランスを崩し、肌のバリア機能を低下させてしまいます。いつも使っている化粧品やスキンケア用品がしるみなんて時はもしかするとストレスによって敏感肌になっているかもしれません。

季節性敏感肌の対策!

季節の変わり目に敏感肌になってしまったら、どんな事に気を付けたらよいのでしょうか。注意点や対策方法をご紹介します。

花粉対策〜ホームケア

敏感肌にならないためには肌に着いた花粉をきちんと落とす必要があります。必ず一日の終わりにはクレンジングと洗顔で肌を清潔にしてあげましょう。

・低刺激のクレンジング剤や洗顔料を使う

・洗顔の泡はしっかり泡立てる

・擦らないように洗う

・ぬるま湯で洗い流す

この4つのポイントをおさえて洗ってあげれば、春の弱った肌でも負担が少なく洗うことができます。

花粉対策〜外出先

外出する時も花粉が肌に付着しないよう予防してあげてください。

・マスクや眼鏡を着用する

・手を洗って清潔にしておく

・花粉対策のできるメイク

花粉症の方はマスクを着用して外出すると思いますが、これが肌を守る事にもつながっています。また無意識のうちに顔を何度も触っているため、なるべく手は清潔にしておきましょう。そして最近は、花粉から肌を守るメイク下地もあるので試してみてはいかがでしょうか。

紫外線ケア

紫外線によるダメージを受けやすいのです。夏ほど強い日焼け止めは使わなくてもいいのですが、夏並みにこまめに紫外線対策をしましょう。

・室内でも日焼け止めを使う

・外出する時はPA値のある程度あるものを使う

春はたるみやシワの原因となるUVAの影響を受けやすいです。そのため外出先ではPA+++、室内ではPA+〜++くらいの日焼け止めを使うことをおすすめします。紫外線は窓を通り抜けるため室内でも日焼け止めを使うといいです。

保湿ケア

乾燥によるダメージは様々なトラブルを引き起こすため、冬に引続き保湿ケアも必ずしてあげましょう。

・保湿力のある洗顔料を使う

・洗顔後は早めに保湿する

・化粧水後は乳液やクリームを忘れない

・こまめに保湿する

・フェイスパックなど週1回のスペシャルケアもおすすめ

メイク直しをする時、スプレータイプの化粧水などを使って保湿もしてあげるとメイクも直しやすくなるためおすすめです。乾燥対策は冬並みにおこなっても問題ありません。しかしベタつきが気になるようでしたら、さっぱりタイプの化粧水や軽めのクリームを使うといいです。

敏感肌アイテムに切り替える

肌が敏感になっているため使用するケアアイテムや化粧品を敏感肌タイプのものや低刺激のものにすると安心です。

・クレンジングはミルクやクリームタイプがおすすめ

・洗顔料は泡立ちの良い弱酸性がおすすめ

・化粧水などはノンアルコールの低刺激なものを

クレンジングは洗浄力の強いオイルや拭取りタイプのものは、肌が敏感になっているためあまりおすすめできません。ミルクやクリームのタイプが肌に負担が少ないのでおすすめです。洗顔料も刺激と摩擦を与えないように弱酸性の泡立ちがいいものがおすすめになります。

まとめ

季節の変わり目になると肌トラブルが増える、今まで使っていた化粧品が合わなくなる、そんな方は季節性敏感肌かもしれません。低刺激のアイテムで優しくケアしていきましょう。

Mion(マイオン)をもっと知りたい。